登戸整体 産後の骨盤矯正の必要性は?

登戸で産後の骨盤矯正をお探しの方はいませんか?

こんにちは。川崎市登戸向ヶ丘遊園のねもと整体&ストレッチスタジオの院長の根本です。

骨盤矯正を15年以上やっております。

当院ではよく「産後の骨盤矯正はねもと整体でやっていますか?」と質問されます。

産後の骨盤矯正と言うと、メディアのなかで産後にすぐに骨盤矯正しないと骨盤が広がってまま戻らないといったニュアンスで書かれていることが多いです。

私はこのような産後の骨盤矯正の理論は方便だと思っています。

実際にそんなにずれたり戻ったりするものではありません。

現代医学がこれだけ普及している昨今で、臨床試験でわからないような理論は、過去に言われていたものでも、お客様に利用しないという信念で施術を提供しております。

 

医学的には、仙骨と腸骨はがっちりとした靭帯でほとんど動かない関節と言われています。

骨盤の話とは別で、出産後に腰が痛くなったり、体重の増加から膝が痛くなったり、赤ちゃんの抱っこから腱鞘炎になってしまったりトラブルが非常に多くなります。

このような慢性的な産後のトラブルに対して、整体院としてできる事はたくさんあります。

そのため産後の骨盤矯正と言う言葉も、方便としてわかってる上で来ていただいて説明する分にはアリかもしれません。

しかし、ねもと整体は骨盤矯正のみのサービスとして提供する考えはありません

「産後の骨盤矯正を、そちらでやっていますか?」というお問い合わせが多いのですが、、

もちろん、骨盤矯正は緻密に行っていますが、骨盤矯正というより、全身の関節調整全てを行なっています!という回答としています。

 

私も、中学生・高校生の子供がおり、育児の大変さを10年以上前に経験しました。

今後、産後の大変な時期に安心して育児ができるようなサービスを心掛けています。

産後の骨盤矯正は他力本願ではない

ロジックがつながらないと、、受けている産後のお母さんたちも、正しい施術や運動療法を理解しないまま他力本願的に良くなるのを探す羽目になります。

そうならないためにも、産後の不具合と言うものに対しても私自身もっと説明できるように学んでいかなければいけないことがたくさんあります。

産後の腰痛・肩こり・膝痛、、、

それらは育児で疲れているお母さんたちに対応できるために、常にあらゆる方向、うつぶせ、横向き、仰向け、座位まで調整できるような環境を整えなければいけません。

産後の骨盤矯正は、回数を受けないと良くならない・すぐに骨盤矯正を受けないと骨盤が戻らないというのは、よく産後の骨盤矯正でネット広告を見ると散見されます。

産後の骨盤矯正より考えてもらいたいこと

産後に腰痛や肥満の悩みは本当に多いと思います。

しかし、骨盤は産後に自然に戻るもの

それより、育児に対応できる体力の低下、体重管理などが不具合の原因が大切です。

登戸 ねもと整体は、開業から14年の実績 エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園・登戸のパーソナルトレーナー

ねもと整体の院長である私は、エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園・登戸のパーソナルトレーナーでもあります。

整体の臨床経験が長いのと同時に国際ライセンスを取得しているパーソナルトレーナーです。

つまり、整体の視点だけでなく、パーソナルトレーナーとしての視点もあります

整体の理論の中に医学的に根拠がない都市伝説があります。

ねもと整体は、商業的なサービスより、本質的は問題解決をコンセプトにしております。

骨盤矯正は、1~3ミリの世界。

一般の方の「骨盤矯正で戻さないと・・」

「骨盤が歪んでいますか?」

というのは医学的なエビデンスが少なく、アバウトな話が多いのです。

 

それより、産後の運動不足による体重増加。

筋力の低下

全身の体の硬さ

これらは、明確に整体やパーソナルトレーニングで変化できます。

あなたは、目に見えないものと、科学的根拠があるものをどちらを信じますか?

川崎市向ヶ丘遊園・登戸のねもと整体は、整体と併せてパーソナルトレーナーをしております。

「産後の骨盤矯正をしてほしいです。」

そのようなお声をよく頂くのですが、よくよくお話をお聞きするとパーソナルトレーニングで改善できることも多いです。

・育児による腰や膝の負担

・産後の体重増加の悩み

・抱っこなどで肩や手首の負担(腱鞘炎対策)

など、単に骨盤矯正をすることで改善できると思われますか?

それより、向ヶ丘遊園・登戸ねもと整体で整体を受けながら、自宅でできる10分程度のエクササイズで改善できる可能性が高いです。

産後の骨盤矯正だけでなく、トータル的にあなたのお悩みに必要なことをご提案致します。

産後の骨盤調整と併用するべき筋トレ・ストレッチ

産後の骨盤矯正で、すぐに骨盤矯正を受けないといけないと言う女性が多いと思いますが、産後の骨盤と同時に重要になってくる運動についてお伝えしていこうと思います。

なぜ運動が重要なのかと言うと、多くの産後の骨盤矯正を気にしている女性の認識がなんとなく骨盤矯正を受けないと骨盤がずれてままになったり、出産後の体重増加を戻すきっかけになるのではないかと淡い期待感があると思います。

 

マタニティーの時期に食べつわりや偏食で体重増加している妊婦さんは多いと思います。産後は、体重が増えた場合は、運動習慣によって体重管理をする必要があります。私の整体院では、妊娠から整体と運動をスタートしています。

運動不足のお母さんは、出産後の体調により個人差があるため、いつから運動できる基準はありません。

一般的には、出産後1か月くらいから運動できますが、軽めの運動から慣らしていってください。

帝王切開の場合、体の回復が遅れる可能性があり、医師に相談して下さい。

こうして、適切なタイミングで運動することで、、、

産後に運動ができ、体重管理から、腰痛・膝痛などが改善できます。

 

<産後の骨盤矯正のおまとめ事項>

  1. 整体というのはあくまでも関節の動きや筋肉の柔軟性を向上させるものです。整体だけで痩せるわけではなく、整体で整えてからご自身の無理のない範囲で運動することでダイエットになります。
  2. 運動だけをいきなり始めると、産後は腰や膝や手首を痛めやすくなります。そのため、まず整体で関節の問題を改善してから、運動できるような状態にもっていくべきなのが本来の産後の骨盤調整です。

Amazon kindle書籍


友だち追加

整体院の院長とエニタイムフィットネスのパーソナルトレーナーのねもと整体に産後の骨盤矯正やパーソナルトレーニングもお任せください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です