筋膜リリースよりストレッチ・筋膜を優先してください

筋膜リリースよりストレッチ・筋膜を優先してください

筋膜リリースよりストレッチを優先してください

川崎市向ヶ丘遊園・登戸のねもと整体です。
お正月は、鎌倉に初詣に行ってきました。例年よりもコロナの為、並ばずに鶴岡八幡宮に参拝できしました。
健康維持と仕事発展を2021年も祈願してきました。
現在、日本も健康と経済の問題でどっちを優先するか?議論されていると思います。
さて、今日は整体のテーマで筋膜リリースについて書いてみたいと思います。
 
筋膜とは?筋肉を包み込んでいる表面の膜をいいます。
この筋膜は全身をサランラップのように包んでおり、最近は割とトレンドになっています。
もちろん、ねもと整体でも開業した10年以上前から筋膜リリースを導入しています。
一方で、筋膜の重要性も分かりますが、それよりも優先してほしいのが下肢の筋肉の拘縮です。
私の整体院では、毎日ようにぎっくり腰の方がご来院されています。

私の整体院では、毎日ようにぎっくり腰の方がご来院されています。

医療機関では、腰痛というと当然ながら、腰しか見てもらえません。
腰痛の方は分かると思いますが、ぎっくり腰でもレントゲンで診断されるのは、骨が骨折しているか?などを診られているのだと思います。
ぎっくり腰や寝違えは筋膜の損傷ですが、MRIや顕微鏡で見ないとわからないので、町の整形外科でもそこまでは分からないと思います。

ねもと整体でいつも検査するのは、『前屈して指が床につかない』『踵をつけてしゃがめない』『20°のストレッチングボードに真っすぐに立てない』
そのような方が、筋膜の損傷(ぎっくり腰・寝違え・慢性的な首や腰の痛み)などを繰り返しています。

筋膜フォームローラーコロコロと動かすだけではすぐに戻る

筋膜より下肢の柔軟性を回復した方を優先した方がいい理由は、とにかく表面の筋膜はリリースをしても、すぐに戻るからです。
フォームローラー、筋膜リリース、 グリッドフォームローラー 、ヨガポールなどどれでも同じですが、流行りだからという理由で行っている方は、柔軟性が向上しているか?比較してみてください。

前屈・開脚・しゃがむ動作など改善していなければ、筋膜リリースも効果が低い可能性が高いです。
もちろんやらないよりはいいのですが、動画のようにあらゆる方向に動かす。
動かすことで筋肉の拘縮だけでなく、関節の動きも油を挿すことにつながります

熟練者の先生との対談動画

整体コラムに関連する記事

首が痛い 回すと痛くて右側の痛みやめまいがある人

首が痛い 回すと痛くて右側の痛みやめまいがある人の画像

首が痛い 回すと痛くて右側の痛みやめまいがある人

首の血管の動脈解離から脳卒中にならないように注意首が回らない原因は頸椎の問題です。ねもと整体&ストレッチスタジオでは小学生から高齢者まで整体で頸椎を調整可能です。その経験から首の痛みの...

腰痛で整体と整形外科のどちらを選ぶ?動くと痛い神経痛の予防

腰痛で整体と整形外科のどちらを選ぶ?動くと痛い神経痛の予防の画像

腰痛のパターンと整体・整形外科の選択

腰痛で整体と整形外科のどちらを選ぶ?動くと痛い時や神経痛の際に、まず整体を受けることがお勧めです。但し、整体でもリラクセーション系ではなく、安全に矯正できる10年以上のキャリアのある先生を如何に選ぶかが鍵です。

登戸で整体でおすすめ 腰痛・肩こり・ストレッチ姿勢矯正・骨盤

登戸で整体でおすすめ 腰痛・肩こり・ストレッチ姿勢矯正・骨盤の画像

登戸の整体でおすすめされています 腰痛肩こりからストレッチ・姿勢改善など動画

整体というとリラクセーション系も多いですが、ねもと整体&ストレッチスタジオは登戸向ヶ丘遊園で17年、腰痛肩こりを自分でもケアできるストレッチと融合して成果を出してきました。技術力とは数年でできるものではありません。常に問題意識を持ちながら、高齢化社会でも対応できる緻密なスキルアップが求められています。パーソナルトレーニングや高校・大学の筋トレ・ランニングドリルのトレーナーも兼務しております。