アスリートのパーソナルトレーナーとして大学レスリング部合宿帯同

アスリートのパーソナルトレーナーとして大学レスリング部合宿帯同

日大レスリング部合宿から戻りました。レスリング・アスリートのパーソナルトレーナー

昨日まで、日大レスリング部の合宿にトレーナーとして参加してきました。
私は今回で13年目になりますが毎年必ずこの合宿で選手の整体やストレッチ指導及びヘッドトレーナーである及川雅登先生の技術指導を受ける期間で二日間整体三昧の生活をしてきました。
このセミナーには多くの先生方が整体の達人である及川先生の技術を学びに全国から集まります。

そのため勉強ばかりではなく、食事やお風呂、バーベキューやもちろん生体での技術交流とかなり濃い二日間になっています。
日大レスリング部は、レスリング部の中でも全国的に強豪校ですし、学生も明るくレスラーとして屈強な男女選手ばかりです。

レスリングの整体に適している関節ニュートラル整体

私も娘がレスリングを今ここで行っていることからレスリングの選手の怪我やそれに対するコンディショニングに興味が強いのでこの合宿は本当に楽しみです。
本当なら娘もインターハイに出場して三日前までは三重に行っていたので今回は不参加でしたが選手として参加する可能性もありました。
レスリングと言うのはコンタクトスポーツの中でもやはりフィジカルの要素が強いのでかなり屈強な選手でも怪我は当然あります。
このような現場から関節ニュートラル整体は、進化して一般の整体に来るお客様にも独自の関節の調整とリハビリを施すことができます。
この二日間師匠の及川先生の選手に対する的確な施術やアドバイスは隣で施術していても本当に勉強になります。

師匠の超一流の治療家及川先生が、どのような施術をしているか?生で触れて勉強に。
こういった技術の向上を高めていかなければ私たち自由診療は生き残っていけないと認識しています。
及川先生から、ジャーナリストの「沈みゆく大国アメリカ」を読むように言われています。

アメリカは、自殺率1位は医師で医療訴訟がビジネスになっているといいます。
出産で、昔は危険という認識があった人々が今や技術の進歩で、医療ミスとしてアメリカでは医師が加害者になってしまい、医師達が警戒するようになってきています。
外科医の給与が、2000万円に対して、訴訟保険料が年間1750万。
外科医が一度訴えられるとワーキングプアー並みの医療訴訟ビジネスになっており、次の市場か日本と書かれており、私達も人の体を施術する立場として、技術だけでなく、国内外の医療まで見据えた安全な施術を指導されてきています。

全身の調整があるから、完全なる調整ができる!

一般の整体は、肩が痛かったら肩を中心に行ったりするケースが多いのですが関節に至る整体は必ず全身を調整します。
日頃受けている方は全身の調整をしないと気持ちがスッキリしないと思います。
当然、痛いところだけを調整しても楽に話なるのですが、体全体のバランスを見ると片方だけモビリティーをつけてしまうとバランスが崩れてしまうことがよくあることだと思います。
合宿でも怪我をいる選手も当然いるのですが、悲観的にならずに多くの症状が外堀から調整することで回復期間が終盤に来た際に、大きな結果の差に出てきます。
痛い所が原因ではなく、その痛いところ以外のところをやる。



痛いところの施術は、整体以外のところでも行っています。
しかし必ず全身を手足・脊椎・骨盤と隅から隅まで調整してコーディネートさせていくリハビリまで行っていくと言う施術はかなり希少だと思います。
レスリングの合宿を通して考えても怪我をする選手はどういうタイプなのか?考えて転ばぬ先のつえでは無いですが以前にストレッチなどを励行してもらうしか予防はできないと改めて思いました。

腰痛や肩の痛みを再発させないために…

今回治療歴40年の及川先生から学んだ事は脱臼癖があるような方がルーズなタイプのローテータカフというインナーマッスルの話や、ぎっくり腰などをたびたび繰り返すタイプの方への下肢へのストレッチのコツです。
そのため関節ニュートラル整体独自のストレッチを改めて学んできました。
レスリングの現場では、ダメージを与え続け、怪我や慢性痛の選手に対して、ベストパフォーマンスを引き出す競技特性にあわせた対応が必要
私のパーソナルトレーニングやセミナーなどでまたポイントをお伝えしていきたいと思います。
トップ選手も毎日続けているストレッチとは?
私は整体の経営とは別に24時間アメリカナンバーワンのエニタイムフィットネ向ヶ丘遊園店・登戸店でパーソナルトレーナーとしても活動しています。


そのため定期的にフィットネス向ヶ丘遊園店で無料セミナーを開催しています。
この無料セミナーにはどなたでもご参加を予約制でいただけるのですが、ねもと整体のクライアント様が多くご参加していただいています。
最近整体院や整骨院などでも健康セミナーなどが増えていると思いますが、当院の指導するストレッチや筋トレは専門分野として、12年間のノウハウが蓄積されています。


私が15年以上トップの日大レスリング部ヘッドトレーナーである及川先生のトレーナーとしての活動で勉強させていただいてる最新の運動療法をこのセミナーでは惜しみなくご紹介させていただいております。

アスリートのスピードトレーニングコーチもしております。

ねもと整体&ストレッチスタジオでは米国NSCA-CSCS®(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)として競技能力向上に必要な専門職としての認定を受けています。

整体院・パーソナルトレーニングジム・そしてアスリートのトレーニングプログラムとして、成功を収めるために必要とされる専門的な知識と技能と能力を有する質の高いパーソナルトレーニング指導ができる施設として、常に最新の研究報告、メジャーリーグなどのプロスポーツやアマチュアスポーツなど、世界のスポーツ界最先端の現場での実践報告を学び、施設内のトレーニング指導を進化させております。

向ヶ丘遊園・登戸で口コミ整体院

腰痛肩こりの整体からパーソナルトレーニングまで

ジュニアアスリート無料講座のお知らせ

LINEにご登録で無料講座5日間を配信されます。ご登録は下記から👇

友だち追加

アスリートサポートコラムに関連する記事

体幹が弱い子供に神奈川パーソナルトレーニングでスポーツで活躍

体幹が弱い子供に神奈川パーソナルトレーニングでスポーツで活躍の画像

子供は6~12歳のトレーニングで運動能力が決まります

運動が、得意な子供だと「あの子は体幹強いな」「うちの子は体幹の弱いから体幹トレーニングしなうと」そのような保護者の方からの相談も多いです。この記事では体幹が弱い子供は自宅でどのような運動をしていったらいいのか?川崎市で子供のパーソナルトレーニングも豊富なねもと整体&ストレッチスタジオの見解を書いてみます。

子供の体幹トレーニング教室 東京・神奈川からご来店 

子供の体幹トレーニング教室 東京・神奈川からご来店 の画像

子供の時の体幹トレーニングをパーソナルトレーニングで指導できます

ボクシングの世界チャンピオンなどに体幹トレーニングなどを指導し、自身の子供にもジュニア期に指導して世界選手権でメダル獲得。そのトレーニング方法などを紹介

アスリートのストレッチメニュー運動前は静的ストレッチはしない

アスリートのストレッチメニュー運動前は静的ストレッチはしないの画像

アスリート ストレッチメニューで静的ストレッチはしません。

アスリートの指導では運動前に静的ストレッチはお勧めしません。運動前はウォーミングアップとして覚醒が目的。静的ストレッチは逆効果になることも。プロトレーナーが教えます。