オンラインパーソナルトレーニング対応します 筋トレ・ストレッチ・ダイエット

オンラインパーソナルトレーニング対応します 筋トレ・ストレッチ・ダイエット

オンラインパーソナルトレーニングを開始しました。筋トレ・ストレッチ・シェイプアップなど

神奈川県の川崎市のねもと整体の根本です。神奈川県で整体院を開業し、15年目に突入しました。整体院経営とエニタイムフィットネスのパーソナルトレーナーなどを主に兼務しています。
コロナウイルスで世界中が混乱しております。
日本中が自粛ムードで整体院の患者様やパーソナルトレーニングを受けている方も、自宅から出てこられない方もいらっしゃいます。
こんな時こそ、自宅でできるパーソナルトレーニングを普及したいと思い、オンラインパーソナルトレーニングのサービスを開始することにしました

腰痛肩こりのストレッチ、筋トレ、有酸素運動など画面を見ながら、指導します。

ZOOMという無料コミュニケーションソフトをご存知でしょうか?
無料で1対1なら、パソコンやスマホでオンラインで会話ができるサービスがあります。
コロナウイルスで教育団体がこのソフトを利用したり、現在話題の会社ですが、アカウントがなくても、ZOOMをスマホかパソコンでダウンロードを頂くと、URLからすぐに無料通話ができます。
従来のオンラインシステムより、固まったりするケースがほとんどなく、評判がいいソフトです。

オンラインパーソナルトレーニングをテーマは自由です。

ねもと整体のパーソナルトレーニングのページを御覧ください。
腰痛肩こりストレッチから、筋トレ、スポーツ競技者向けトレーニング指導までほとんど対応できます。
特に整体の専門性を生かしたパーソナルトレーニグが得意です。
腰痛や膝痛の方にも、筋トレやストレッチ指導をしてきた実績は多数です。

パーソナルトレーニング指導と情報検索の違い!

ネット検索の情報とオンラインパーソナルトレーニングの違いは指導があるか?どうかです。
You Tube動画の配信も行っていますが、You Tubeでのコンテンツは個別性がありません。
前屈して腰がいたい方もいれば・・
逆に反った時に腰がいたい方もいます。
それぞれに適したコンテンツが動画ではできません。
しかし、オンラインでは、映像でその場で指導ができます。
その方が、自分の適したエクササイズを選択でき、運動へのモチベーションアップにもつながります。
また、痩せたい方と筋肉をつけたい方では筋トレや有酸素運動の取り組みも違いますよね?
オンラインパーソナルトレーニングを行うことであなたにあった運動をリアルタイムでお伝えし、動きを修正することもできます。

映像に映りたくない方もOKです。

ZOOMはビデオと画像を選択できます。つまり静止画とビデオ通話が選ばます。
もし、あなたがビデオで双方向の通話をしたくないようでしたら、画像を選択すれば、根本のみビデオで通話することもできます。
また、後ろの背景を部屋など映したくない方も、グリーンバックなど後ろに緑色の背景のカーテンをネットでご購入頂ければ、お好きな壁紙で背景を変えることができるのでご安心ください。
初回カウンセリング(10分無料)で対応させて頂きます。ZOOMがはじめての方でもご安心ください。
 
下記のLINEアカウントはオンラインパーソナルトレーニングサービスについてLINE配信しております。LINEからもオンラインパーソナルトレーニングサービスについてご相談ください。

ねもと整体&ストレッチスタジオメインページはこちら!

パーソナルトレーニングコラムに関連する記事

スクワット 膝 つま先 向き

スクワット 膝 つま先 向きの画像

スクワットで膝を痛めるパターンを知ることで怪我のリスクを減らす

スクワットの膝の向きは重要です。それは、膝が内側に入ると内側側副靭帯を痛めたり、そのバランスのままスポーツを行うと前十字靭帯損傷のリスクが高い動作になるからです。

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早い

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早いの画像

女性がトレーニングを継続するにはパーソナル+自宅トレーニング

登戸でジムに入ろうか?検討されている女性で継続できるか?不安という方も多いと思います。仕事をされている方はかなり難しいと思います。帰宅後に食事の支度など家事の後にジムに通うのは?難しい。自宅でのトレーニングをパーソナルトレーニングでサポートしているのがねもと整体&ストレッチスタジオです。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。の画像

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

筋トレがブームになってきていますが、ロコモティブシンドロームとして、マッチョだけでなく、中高年が筋トレブームになってきています。パーソナルトレーニング17年の経験からポイントをお伝えします。