オンラインパーソナルトレーニング肩こりストレッチ個人指導

オンラインパーソナルトレーニング肩こりストレッチ個人指導

肩こりストレッチでZoom個人指導できます。

LINE公式アカウントから整体・パーソナルトレーニングを店舗でご予約頂きております。パーソナルトレーニングに関しては「どんなことを指導してくれるの?」と不安や疑問もあると思います。

LINE公式アカウントから、パーソナルトレーニングの無料カウンセリングもご予約できます。
ご予約後にZOOMのリンクもLINEからご確認頂けます。

オンラインZoomでパーソナルトレーニングの内容をご相談

弊社は17年と整体・パーソナルトレーニングの施設として、長い運営と経験が豊富です。肩こり・腰痛のストレッチ・筋トレ指導に関しては圧倒的な指導実績があり、自己流ストレッチや専門性が低いコンテンツではなく、地道に継続さえされれば、結果につながりやすい内容をご提供しています。

今回はZoomを利用して、お客様になる前から、ご要望を摺合せをビデオ通話で円滑に行える新システムを導入しています。

肩こり・腰痛・膝痛などに特化したパーソナルトレーニング指導

肩こり腰痛などのご症状の方が医療機関に行っても、保存療法の範囲での対応が多いと思います。弊社では、国際ライセンスの上級トレーナーがより積極的なトレーニングのアプローチを行ってきております。従来のストレッチやリハビリでは、大きな成果を出すことに限界があるのは、可動域を向上させるということ一つでも言えるのではないでしょうか?

可動域をチェックする!

どこの関節や筋肉に問題があるのか?

また、その可動域を継続的な運動で広げることができるのか?

そのような観点から、従来の筋トレやストレッチではなかなか結果が出ないと思います。

ストレッチ指導をしている施設が増えていますし、スポーツでもストレッチが怪我の予防と信仰されてきましたが、硬い方にはほとんど対応ができていないことが現状です。

正しいトレーニングフォームでやらないと意味がない

筋トレやストレッチを自己流で行うことで結果を出すことは困難です。野球・ゴルフで考えると、間違ったフォームで素振りを1000回繰り返していることと同じです。

筋トレやストレッチは誰でもできると思われがちですが、正しいフォームで行わないと効果はありません。
野球やゴルフで言うと、1000回素振りをしても、まずティーチングを受けた人でないと全く上達しないですよね?

筋トレに関しても同様です。

腰を曲げたり、膝の向きが違ったりすると、かえって痛くなってしまったり、不用意に痛めてしまうということは皆さんもわかると思います。

先日一郎さんがX(Twitter)で高校野球の選手が太ももの前ばかり鍛えているのを指摘されていました。
正しいスクワットのホームでトレーニングすると、お尻や腿の後ろのハムストリングスが発達します。

イチローさんもそのことを高校生に伝えたかったのだと思います。

では正しい前腿と後ろ側とお尻すべてに効くスクワットと言うのは、どのようなフォームでトレーニングしたら良いのでしょうか?

このようにトレーニングに関しても専門性が高く、高校野球のレベルの選手でもそれがほとんどできていないということが挙げられていると思います。

一般的なパーソナルトレーニングジムでもスクワットの指導はされていますが、他施設から私のところに来る方の多くがスクワットのホームができていないケースほとんどです。

整体を長年行っている私がパーソナルトレーニングを指導する強み!がここです。

常に痛めたり、腰の負担や膝の負担になっている方の動作を17年以上見続けている経験があります。

極論、筋肉をつけるのは、重さや回数を増やしていけば、理論的にはつきますが、バランスの良い体の使い方と言うのは、やはり我々プロの目で見て、何度も指導を受けないと身に付くものではありません。

まずは、希望の体を作る為も設計が重要です。初心者の方の多くがSNSなどで間違った情報を信じて、設計自体が問題があることがほとんどです。さらに、効果を測定や評価しながら、改善も必要です。

オンラインパーソナルトレーニングの詳細も動画でお話しています。

整体・パーソナルトレーニング・オンラインパーソナルトレーニングのご予約を承ります。

ねもと整体&ストレッチスタジオの整体・パーソナルトレーニング・オンラインパーソナルトレーニングの24時間ネット予約がLINEからできるようになりました。前日の19時にご予約のリマインド配信でご予約も忘れないようになります。(当日のキャンセルはネットではできませんので、当日の変更はトーク、お電話で可能です。) 当日も30分前でしたら、ネット予約が可能です。

お知らせに関連する記事

寒暖差ぎっくり腰急性腰痛症予防とやってはいけないこと

寒暖差ぎっくり腰急性腰痛症予防とやってはいけないことの画像

寒暖差のぎっくり腰で整体院の対応について動画で紹介

寒暖差ぎっくり腰とは、急性腰痛症ですが、予防とやってはいけないことについて書いていこうと思います。腰痛でも慢性腰痛とは異なり、予防法とギックリ腰になった時の対応は全く真逆です。整体院18年目のねもと整体&ストレッチスタジオが動画でお伝えします。

スクワット 膝 つま先 向き

スクワット 膝 つま先 向きの画像

スクワットで膝を痛めるパターンを知ることで怪我のリスクを減らす

スクワットの膝の向きは重要です。それは、膝が内側に入ると内側側副靭帯を痛めたり、そのバランスのままスポーツを行うと前十字靭帯損傷のリスクが高い動作になるからです。

事前のクレジットカード決済がネットで可能になりました。

事前のクレジットカード決済がネットで可能になりました。の画像

事前のクレジットカード決済がネットで可能になりました。

事前決済の都度払い・回数券のクレジットカード決済も可能です。当日の対応がスムーズになります。一時、事前決済リンクがエラー状態になり、ご迷惑をおかけ致しました。2024年2月26...