肩こり放置 どうなるの?手の痺れ・肩の痛み 向ヶ丘遊園

肩こり放置 どうなるの?手の痺れ・肩の痛み 向ヶ丘遊園

実は肩こり放置は怖い?!

肩こりはこり以外にも、肩が痛んだり、手のしびれまで徐々に来るようなヘルニアの症状が起こってきます。
 
「頭痛」「吐気」など肩こりは病気とまでは考えなくても、仕事の効率を低下させ、気分の低下も悪化します。
 
症状が強い場合は肩こり放置することは悪化の一途を辿る可能性すらあります。
 
今回は石川県の角療術院院長と YouTube Live を行いましたのでそちらをご覧ください。
 
角院長は私と同じ関節ニュートラル整体の仲間で開業から18年とベテランの先生です
肩こりを放置していると、手の痛みや肩の痛みが出てくる

首が凝る、首が痛い、手もしびれる……
「頸椎症」という病気かもしれません。
整形外科では、ストレートネックと言われます。
しかし、ストレートネックだからといって、あきらめる必要がありません。
私達関節ニュートラル整体は頚椎の骨を一つ一つ安全に動かせます。
大事なことは、肩こりの段階から予防することです。
関節ニュートラル整体の技術者は全国にいますが、まだまだ限られています。
一般的には、骨を動かす技術はまだ少ない施術者しかできないため、病院で牽引されています。

角先生とも話しましたが、肩こりから手のしびれ・腕のしびれを予防するには、タイミングが「大事」
このタイミングを逃すと、完全に改善できないことも少なくありません。
まず、手のしびれなどが時間がかかっているケースでは、痺れが完全に戻ってしまうことも多いということは、医師や治療家でも臨床経験が豊富な人ほど分かっています。

肩こりのセルフケアで考えると多くの方が、姿勢が悪いから・・・
肩への負担が増える 猫背の姿勢が問題
首が前方にまっすぐ突き出したストレートネックと整形外科で言われて気になる
このような考え方が多いのではないでしょうか?
角院長と話したように、肩こりで我々院長でお勧めするケアは全身のケア。
とりわけ、、、下半身の筋トレはお勧めしています。
実は下半身の筋肉は優先的に落ちていきます。


筋肉が落ちると姿勢が保てません。
この患部以外のところを診るというのは、医療ではなかなかないことです。
医療を否定する訳ではなく、現代医療の盲点は全身をみるということがないということです。
実はこの全身のエクササイズや日常で足腰を使うこと言うことが現代人に足りず、様々な問題を引き起こしてくるということをお伝えしたいと思います。
 

肩こり予防自宅では何をしたらいいの?

肩こりの方にも、下半身の筋肉をとにかく鍛えて下さいと私達も訴えていました。
コロナ自粛の影響で現在テレワークなどで、私のお客様も「1日1000歩も歩いていない」という方が結構多いです。
下半身の筋力や柔軟性が低下すると、明らかに肩こりや腰痛・頭痛などの不定愁訴が増えてきます。
そして、この3ヶ月で日本人の方の身体状況もかなり悪くなっています。


肩こりから、脊髄が圧迫されて肩の痛みからのしびれとそのような神経症状がある場合になるとかなり危険信号です。
単なるストレッチで肩こりが改善すると考えられがちですが、修理は自分では難しいと思います。
ブログでお伝えられることは限られていますが、まずコロナ自粛で身体活動も減っていることを認識してスクワットと下肢のストレッチから始めていきましょう。

動画では18分程度肩こりについて話しています。

肩こりから酷くなると、首が回らなくなり・・・
「頸椎カラー」を首に巻いてご来院される方もいます。
ブロック注射や、場合によってはチタン製ケージを首に手術される方もおり、注意が必要です。
 

熟練者の先生との対談動画

整体コラムに関連する記事

腰痛 やってはいけない筋トレ 腹筋よりスクワット

腰痛 やってはいけない筋トレ 腹筋よりスクワットの画像

腰痛 やってはいけない筋トレ 腹筋で痛めています

向ヶ丘遊園のねもと整体&ストレッチスタジオです。腰痛のやってはいけない筋トレについて書いています。動画でも話していますが、腰痛でやってしまいがちな腹筋や腰痛でも可能な筋トレについて書いてみました。

首を後ろに反らすと痛い人は斜め前のストレッチが効果的

首を後ろに反らすと痛い人は斜め前のストレッチが効果的の画像

首を後ろに反らすと痛い人は前側にストレッチした方がいい

首を後ろに反らすと痛い人は反ってはいけません。向ヶ丘遊園のねもと整体&ストレッチスタジオでは、斜め前のストレッチが効果的と指導しております。動画もご参考にしてください。

登戸で足の専門 膝の痛み・股関節の痛み・足裏の痛み・踵の痛み

登戸で足の専門 膝の痛み・股関節の痛み・足裏の痛み・踵の痛みの画像

足首や足底の痛み・外反母趾・足底筋膜炎などの足の痛みや痺れ

登戸で足の痛みを専門的に施術。17年以上膝の痛みや股関節の痛み・足底筋膜炎・外反母趾の施術を骨の一つ一つ検査して調整できる技術者です。