向ヶ丘遊園 パーソナルジムで姿勢・立ち方・ランニングまで指導

向ヶ丘遊園 パーソナルジムで姿勢・立ち方・ランニングまで指導

パーソナルトレーニングでも関節の構造を知ったうえで指導

ねもと整体&ストレッチスタジオのパーソナルトレーニングを受ける意義は、究極的な関節の摩擦を減らしたトレーニングを自分でできるようにすることです。

パーソナルトレーニングを受ける方は女性が多いと思います。美容室に定期的に行かないと我慢ができないと言うのと同じで、今や体を引き締めたり、ヒップアップなど、美容にもエステと同じような感覚でパーソナルトレーニングジムをお探しの方が増えています。

なぜ、女性がパーソナルトレーニングを高いお金を払ってまで受けるようになったのか?これはヨガやピラティス、サーキット、トレーニングなど経験して、今筋トレというのがブームになってきているので、やってみたい!また、食事管理もしてもらわないとなかなか自分ではできない!そういった女性や筋トレ初心者の方が多いからだと思います。

筋トレをすると言うのは実はそんなに難しくありません。しかし、多くの方が動画やSNSを見て行っても腹筋で腰を痛めたり、ストレッチで肉離れをしたり、ランニングで足が痛くなってきたりと不安や筋トレに対する期待感で、パーソナルトレーニングジムを検討されているじゃないでしょうか?

ねもと整体&ストレッチスタジオでは、整体院と並行して、大学や高校のフィジカルトレーナーもしていていた根本が、炒めてくるお客様の体を知り尽くしているからこそ

運動自体が楽しくなれば、目的は達成できます。

ねもと整体&ストレッチスタジオのパーソナルトレーニングは、トレーニング指導メニューの豊富なバリエーションがいっぱいのパーソナルジムとは全く違います。

私自身が大学のボクシング、空手部、少林寺拳法部、レスリング部等のトレーナーとしても関わってきており、筋肉をつけるだけではなく、スポーツで結果を出すという高いハードルを常に越えていくスキルを学んできました。

パーソナルトレーナーだけではなく、スポーツの選手に勝たせるためのトレーニング指導や栄養指導もしてきました。

スポーツをやっている競技者は、運動自体が楽しくて、しょうがない!そんな人が多いです。

運動が好きではない、運動が必要ないと思っている!そんな方も一般の方には多いのですが、運動をすること自体が楽しくなるコツをつかめば多くの方が、人に強制されなくても、運動をすることが楽しくてやり続けることができると私は信じています。

中学校高校の学校教育で、授業などで無理矢理運動させられてきた経験がある人は、運動が苦しいそんなイメージがあるのではないでしょうか?

運動するとお酒を飲んだような高揚感があります。自分で1人で黙々とやっていても楽しくないですよね?でも一緒に運動することで、運動の仕方も科学的なやり方を覚えますし、高いモチベーションで、いつの間にか、筋トレやストレッチ、ランニング動作など、弊社ではクライアントさんが楽しく運動するように指導しています。

食事制限による省エネの体と言うのは、一時的に体重が落ちても、ほぼ糖質制限で脂肪が全くしていないということが多いと私は思っています。

正しい運動の知識を学び、どのように運動したら痛めないのか?そして正しい動作を繰り返しすることで、不要な怪我、腰や膝のストレスをご自身で予防することができるのです。

一人のトレーニングは孤独です。特に女性は自分で行う筋トレは苦手な方が多いですね。メニューを作成して、一緒にトレーニングすることでいつの間にか?自分でも運動習慣がつき、体や意識が変わります。

パーソナルトレーニングといっても、筋トレだけではありません。もちろん、筋トレは大事ですが、筋トレはあくまでもベースです。如何に使える身体にチェーンアップ《性能向上のためのトレーニング》がねもと整体&ストレッチスタジオでは重点を置いています。.

パーソナルトレーニングコラムに関連する記事

エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園ANNEX店の翌月半額

エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園ANNEX店の翌月半額の画像

エニタイムフィットネス向ケ丘遊園ANNEXの翌月の料金50%紹介

エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園ANNEXは向ヶ丘遊園北口駅前の銀座フォレスト3階にあります。ねもと整体&ストレッチスタジオ院長根本大はエニタイムフィットネス向ヶ丘遊園・向ヶ丘遊園ANNEX・登戸・生田店のパーソナルトレーナーも兼務。向ヶ丘遊園ANNEXは紹介割引があります。

腰痛の時にジョギングで悪化した女性が多い事実

腰痛の時にジョギングで悪化した女性が多い事実の画像

腰痛の時にジョギング・ランニングなど走っても大丈夫?

腰痛の時にジョギングやランニングで悪化するケースも多いです。腰痛の時にどんな運動をして走る能力を維持をするのか?スポーツトレーナーの経験も豊富な院長がお応えします。

スクワット 膝 つま先 向き

スクワット 膝 つま先 向きの画像

スクワットで膝を痛めるパターンを知ることで怪我のリスクを減らす

スクワットの膝の向きは重要です。それは、膝が内側に入ると内側側副靭帯を痛めたり、そのバランスのままスポーツを行うと前十字靭帯損傷のリスクが高い動作になるからです。