筋トレ 順番で効果が変わる?!

筋トレ 順番で効果が変わる?!

筋トレ 順番にこだわる理由


当院は、整体院で腰痛や肩こりの患者さんに対しての施術が主ですが、最近ではトレーニング指導のご依頼も多いです624842.gif
パーソナルトレーニングでの指導実績は15年以上です。
すでに症状が改善している方でも、今度は再発防止にストレッチと筋トレをマンツーマンで見てもらいたいという方もいます。
また女性のダイエットや男性のボディーメイクは、年齢問わず、考えている方が多いですね。
スポーツセンターやジムでトレーニングをみていると、多くの方が、ちょっと順番を変えるだけでもトレーニング効果に違いが出る方もみられます。
毎回のトレーニングのクオリティーが上がると、成果やトレーニング時間の短縮が見込めますよ。
例えば、二の腕を細くしたいという目的でアームカールという種目を行っている女性が多いですが、小さい筋肉を優先的にトレーニングをしていると小さい筋肉が疲労してしまいます。。
大筋群にいくまでに小筋群が疲労してしまうので、カラダの中心になる大きな筋肉まで刺激がいきずらくなります。
単関節の運動で小さい筋肉は疲労しやすいのです。
イメージだけが優先してシェイプしたい場所をやっているのだと思いますが、そもそも部分痩せはできないし、大きな筋肉をトレーニングした方が結果が出やすいのです。
しかもスピードも最も負荷がかかる角度は、スピードで誤魔化している方がほとんどです。
トレーニングの回数やセットで満足してしまいますがちです。
初心者の方は特に、大きな筋肉から鍛えると筋肉がつきやすいと思います。
できれば、同じ足を鍛えるのでも、レッグエクステンションなどの単関節のエクササイズよりも、スクワットのように複合関節のエクササイズをメインに優先させた方がいいですよ1549792.gif
最近では、インナーマッスルというキーワード=「痩せる」というイメージができています。
たしかにインナーマッスルも大切ですが、テレビでやっているような簡単な体操では筋力アップは難しい。
同じ効果を出すのに、1回1時間トレーニングをする人と30分でもそれ以上の効果を出せる方がいます。 それには、トレーニングの順序は重要なんです1172655.gif

難易度が高いエクササイズを先に行う

トレーニングで優先するべきエクササイズは難易度が高いものです。
トレーニングをしたことがある方は分かると思いますが、かなり重いバーベルのスクワットを担いだ時に危険な感じが分かると思います。
仮に疲労している時に、同じ負荷でスクワットをすると・・
もしかしたら大きな怪我をするかもしれません。。。例えば、バーベルを使ったバックスクワットとベンチプレス。 これは、バックスクワットの方はよりリスクもあり、疲労していないときに行った方がいいのでベンチプレスよりバックスクワットを先に行うほうがいいと思います。
さらにパワー系エクササイズでパワークリーンを行うときは、スクワットより先に行います。

多関節のトレーニングと難易度が高いトレーニングを先に行うということはわかって頂けたかと思います。
しかし、、 ある程度、トレーニングの種目がこなせるようになると、予備疲労法です。
通常はベンチプレスから行う多関節のトレーニングより、先になんでもいいので胸をターゲートのトレーニングを行ったり・・
画像のようにハムストリングスやお尻を鍛えてからスクワットをしたり。
特にボディーメイク系はこの方法をいい結果が出ています。
元オリンピア王者のドリアン・イエーツはこの方法を行っていたようです。

プロテインはドラッグストアなどで1キロ3000円~4000円
上記の弊社のプロテインは3キロ4980円(税込み) つまり、1キロ1500円ほど。
通常のドラッグストアの半額程度。
しかもリミテストプロテインは添加物が入っていません。

川崎市向ヶ丘遊園・登戸のねもと整体&ストレッチスタジオでは、アスリート向けパーソナルトレーニング、クロスフィットのようなファンクショナルトレーニングも指導しております。

パーソナルトレーニングコースでご予約ください↓↓↓

パーソナルトレーニングコラムに関連する記事

スクワット 膝 つま先 向き

スクワット 膝 つま先 向きの画像

スクワットで膝を痛めるパターンを知ることで怪我のリスクを減らす

スクワットの膝の向きは重要です。それは、膝が内側に入ると内側側副靭帯を痛めたり、そのバランスのままスポーツを行うと前十字靭帯損傷のリスクが高い動作になるからです。

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早い

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早いの画像

女性がトレーニングを継続するにはパーソナル+自宅トレーニング

登戸でジムに入ろうか?検討されている女性で継続できるか?不安という方も多いと思います。仕事をされている方はかなり難しいと思います。帰宅後に食事の支度など家事の後にジムに通うのは?難しい。自宅でのトレーニングをパーソナルトレーニングでサポートしているのがねもと整体&ストレッチスタジオです。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。の画像

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

筋トレがブームになってきていますが、ロコモティブシンドロームとして、マッチョだけでなく、中高年が筋トレブームになってきています。パーソナルトレーニング17年の経験からポイントをお伝えします。