腰痛 仙腸関節という骨盤矯正 原因を追究して改善するには?

腰痛 仙腸関節という骨盤矯正 原因を追究して改善するには?

ゴットハンドの仙腸関節を学ぶ

こんにちは。神奈川県川崎市のねもと整体&ストレッチスタジオの根本です。
昨日は、関節ニュートラル整体のセミナーに参加。このセミナーに18年毎月参加しています。
40年の臨床経験と15冊の書籍を出版されている及川先生に昨日もマンツーマン指導を受けてきました。


コロナの状況でも私は変わらず、先生の指導を毎月必ず受けています。
特にこの1年は全国から集まっていた関節ニュートラル整体の仲間の先生も不参加が多く、私は逆にチャンスと捉えて、高額の個人指導コースを毎回受けています。
超一流の先生の一日先生から学ぶことで圧倒的な技術と多数の著者である先生の膨大な知識から本当に役に立つ情報を鋭意努力することで地域の腰痛肩こりで悩める方を多く救うことができます。
ピンチをチャンスに変えるのは全て自分自身。自分の気持ちを鼓舞する為にも、この勉強会で学び続けています。

超高度な腰痛改善テクニックが仙腸関節アプローチ

一般の方に馴染みのない仙腸関節の調整。
腰痛でお困りの方なら『仙腸関節』というキーワードを知っている方も多いと思います。
AKAという整形外科医の著名な先生が普及されている仙腸関節の矯正技術。
これを、全身に対応したのが関節ニュートラル整体です。

この上の画像は師匠の及川先生が根本に技術指導されているシーンの2枚です。
骨をしっかりロックしており、AKAとも異なる組み手で矯正をされています。
画像では掲載していませんが、私が先生に施術しているときもあります。
一日先生にやられて、すぐにその感覚があるうちに調整を繰り返します。
仙腸関節は尻餅など外傷を受けて、実はあまり動かすとかえって痛くなることがあるハイリスクハイリターンのテクニックです。
これをローリスクハイリターンにまで昇華した技術が現在の関節ニュートラル整体の仙腸関節の調整技術です。
ブレーキをかけながら、動かす技術がないと仙腸関節や頸椎の調整はできません。
手つかずの山を滑るスキーヤーは、加速しながら減速も自由にできないと滑れません。
仙腸関節調整は動かさずに動かすという至難の業。

仙腸関節の調整と全身の調整

以前及川先生のお客様と会食でお話させて頂いたことがあります。
今まで腰痛で苦しみ。はじめて効果があったのが前述の仙腸関節アプローチAKAだったそうです。
そして、AKAの医師にこの関節アプローチを自分に試してくれないか?打診されたそうです。
その時に丁重に断られたそうですが、インターネット上で全身の関節アプローチを探し続けたところ、及川先生に行きついたようです。
医療機関の仙腸関節アプローチは手技で10分足らず。
医療の中では、全身のマニュアルアプローチができませんが、及川先生の全身の関節調整でさらに良くなったと話されていました。

腰痛肩こりなどの関節炎の9割は関節のあそび不足です。
206個と全身に関節がありますが、昨日先生からお話がありましたが、足関節と仙腸関節の関係もあり、仙腸関節だけでは重度の腰痛改善は難しいといいます。
全ての末端の関節を整えてから、メインの背骨と仙腸関節のアプローチすることで、大きな結果が期待できます。

一流治療家との対談 骨盤矯正は本当?

水道橋の仮屋先生との対談動画です。

整体コラムに関連する記事

首が痛い 回すと痛くて右側の痛みやめまいがある人

首が痛い 回すと痛くて右側の痛みやめまいがある人の画像

首が痛い 回すと痛くて右側の痛みやめまいがある人

首の血管の動脈解離から脳卒中にならないように注意首が回らない原因は頸椎の問題です。ねもと整体&ストレッチスタジオでは小学生から高齢者まで整体で頸椎を調整可能です。その経験から首の痛みの...

腰痛で整体と整形外科のどちらを選ぶ?動くと痛い神経痛の予防

腰痛で整体と整形外科のどちらを選ぶ?動くと痛い神経痛の予防の画像

腰痛のパターンと整体・整形外科の選択

腰痛で整体と整形外科のどちらを選ぶ?動くと痛い時や神経痛の際に、まず整体を受けることがお勧めです。但し、整体でもリラクセーション系ではなく、安全に矯正できる10年以上のキャリアのある先生を如何に選ぶかが鍵です。

登戸で整体でおすすめ 腰痛・肩こり・ストレッチ姿勢矯正・骨盤

登戸で整体でおすすめ 腰痛・肩こり・ストレッチ姿勢矯正・骨盤の画像

登戸の整体でおすすめされています 腰痛肩こりからストレッチ・姿勢改善など動画

整体というとリラクセーション系も多いですが、ねもと整体&ストレッチスタジオは登戸向ヶ丘遊園で17年、腰痛肩こりを自分でもケアできるストレッチと融合して成果を出してきました。技術力とは数年でできるものではありません。常に問題意識を持ちながら、高齢化社会でも対応できる緻密なスキルアップが求められています。パーソナルトレーニングや高校・大学の筋トレ・ランニングドリルのトレーナーも兼務しております。