向ヶ丘遊園 スクワットをパーソナルでやると大変なことに。

スクワットをパーソナルトレーニングで行うと大変なことに

川崎市向ヶ丘遊園登戸のねもと整体&ストレッチスタジオの院長の根本です。
昨日エニタイムフィットネス登戸でパーソナルトレーニングを受けていただいた女性から「今日は全身筋肉痛です」
とメールを頂きました^_^
今まで痩せたことがないと言う女性でしたが、スクワットをベースに初めてのパーソナルトレーニングでバブルを使ったトレーニングを一緒に行いました。
そして上記のようなメッセージいただき、しっかり刺激が行き届いたようで何よりだと思います。
アンダー間のキャッチコピーにスクワットは下半身と心を鍛えると言うコピーがありますがまさにスクワットは肉体的にもメンタル的にもハードなトレーニングです。
そこをパーソナルトレーニングではぐっとこらえて、劇的な効果を狙っていきます。
これは体験した人しかわからないと思いますが、今までにない強烈な刺激でトレーニングの面白さがわかる瞬間でもあります

ペアトレーニングをすることでパーソナルトレーニングと同じような効果を出すことができる

私自身自分の体のチェックのためにまたトレーニングの負荷を高めるために、元ねもと整体のスタッフの奥長君と合同トレーニングをよく行います。
奥長くんからも先生とやると翌日筋肉痛です。と言われます。
筋トレで1人でできると考えられがちだと思いますが、2人で行うことでトレーニングの質が全く変えることってよくあります。
よく筋トレのYouTubeでも、ボディービルの選手は2人で追い込んだり楽しそうにしている動画をよく見ます。
何でもそうですが1人で行うよりも2人で行う方が楽しくできるので長続きしますし効果も全く変わってきます。

下半身をしっかり鍛える シェイプアップ効果も抜群です

どこの筋肉を鍛えたらいいかわからない方はとにかく下半身を鍛えてください。
骨格筋の7割は腰から下にあるのでスクワットのトレーニングはそういった意味でも前進運動に近いトレーニングです。
しかし女性誌やネットの情報の中にはくびれを作るためには腰のツイストが有効だとか、ヨガのようなストレッチ系のエクササイズで代謝が良くなってくびれができるとか?間違った情報も多く出回っています。
また腰痛などの改善エクササイズとしてもスクワットは有効です。


負荷の方は十分に配慮する必要がありますが、バーベルを使ったトレーニングも、体幹を安定するスタビリティーを高めることができる素晴らしいトレーニングです。
シンプルなスクワットやランジの中に、実はトレーニングの本質や奥深さがあります。

スクワットのさらに実践的なトレーニングとしてランジがお勧めです

スクワットは止まった状態での重心移動が前後に動かない状態でのトレーニング。
さらに日常動作やスポーツで動きに対する負荷を与えたいならランジがオススメです
足を大きく前に出しながら、エキセントリックにかかった筋肉をぎゅっと収縮しながら体のバランスを意識したトレーニング。


ちょうど階段を降りるときの負荷と言ったらわかるんでしょうか?
こういったトレーニングを行うことで膝痛なんかにもすごいいいですね。

ねもと整体では整体併せて、パーソナルトレーナーの国際ライセンスや健康運動指導士の資格を持っている根本が運動指導しています。
最近ではストレッチなどを指導する治療院や整骨院も増えている事はいいと思いますが、運動指導を指導するためには医療系の資格だけでは対応できない位学ぶべきことが多くあります。
利用者の方には情報のリテラシーが高い方こそ、弊社をご利用いただいてお喜びいただいています。
ねもと整体の登戸・向ヶ丘遊園でのパーソナルトレーニングでは自身の経験も豊富なので、日々進化しています。

パーソナルトレーニングコラムに関連する記事

スクワット 膝 つま先 向き

スクワット 膝 つま先 向きの画像

スクワットで膝を痛めるパターンを知ることで怪我のリスクを減らす

スクワットの膝の向きは重要です。それは、膝が内側に入ると内側側副靭帯を痛めたり、そのバランスのままスポーツを行うと前十字靭帯損傷のリスクが高い動作になるからです。

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早い

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早いの画像

女性がトレーニングを継続するにはパーソナル+自宅トレーニング

登戸でジムに入ろうか?検討されている女性で継続できるか?不安という方も多いと思います。仕事をされている方はかなり難しいと思います。帰宅後に食事の支度など家事の後にジムに通うのは?難しい。自宅でのトレーニングをパーソナルトレーニングでサポートしているのがねもと整体&ストレッチスタジオです。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。の画像

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

筋トレがブームになってきていますが、ロコモティブシンドロームとして、マッチョだけでなく、中高年が筋トレブームになってきています。パーソナルトレーニング17年の経験からポイントをお伝えします。