プランクで腰痛改善はできるのか?

プランクで腰痛改善はできるのか?

腰痛がプランクなどの体幹トレーニングで効果ある?

今日は、プランクで腰痛が改善するのか?について書いてみたいと思います。プランクとは、腕立て伏せの状態で前腕と肘をついて姿勢をキープする腹筋中心のトレーニングです。このプランクは腹筋やスポーツでも体幹トレーニングとしてポピュラーで多くの方が自宅エクササイズに取り入れていますね。『腰痛改善にプランクがいい』と言われている理由は、私の見解も述べたいと思います。一般的にどこでも行われてきた上体を起こしていく腹筋。この腹筋は腰を微妙に動かしてしまうので腰痛の方にとっては、余計に痛くなってしまった!という方も少なくありません。この腰を反動で動かしてしまう腹筋に対して、全く腰を動かさないのがプランクになります。


プランクだけでは腰痛が改善しない

筋肉体操でNHKの番組によく出演されている谷本先生がプランクについて筋量が増えないと書かれている記事をみたことがあります。研究者レベルで見ても、 短時間で腹筋の引き締め効果といわれている「プランク」は実は腹筋がつくようなトレーニングではないことは明白です。コアマッスルがキツイから有効というロジックは成立しませんね。理学療法士・トレーナーなどから、普及したプランクは、体幹トレーニングという分かりやすさや、器具が必要がないことで本が売れやすい!動画再生が伸びやすいことから運動指導者に共感されて、あちこちで広まりました。しかし、腰痛の方がプランクを導入しても、腰痛改善につながっていない現実は、見直さなければならない時期にきていると思います。

なぜ?腰を動かして腰痛になるのか?

日常生活で腰痛が起こるタイミングを考えるとプランクだけではだめに理由がわかります。よく腰痛になる局面では長い時間、座り続けて立ったら腰が・・というのは多いと思います。これは、腰を屈曲方向に長い時間曲げ過ぎたからなんです。では、この時に支えなければいけない筋群というと腹筋よりも背筋の方です。では?背筋を鍛えればいいのか?というとそうではありません。なぜ?腰が曲がるのか?多くが柔軟性の問題が多いと思います。骨盤が後傾するその問題とは、下肢の柔軟性(背面側)が硬くなり骨盤を後ろに引っ張り込まれることなのです。これは、プランクのみでは改善できず、プランクを行ってもいいのですが、ハムストリングスのリハビリや背筋側のエクササイズも必要だということがお分かりいただけると思います。弊社メールマガジンではそのコツをメールマガジンやLINE公式アカウントで公開しております。

向ヶ丘遊園・登戸のパーソナルトレーニングなら!

向ヶ丘遊園・登戸で口コミ整体院

腰痛肩こりの整体からパーソナルトレーニングまで

パーソナルトレーニングコラムに関連する記事

スクワット 膝 つま先 向き

スクワット 膝 つま先 向きの画像

スクワットで膝を痛めるパターンを知ることで怪我のリスクを減らす

スクワットの膝の向きは重要です。それは、膝が内側に入ると内側側副靭帯を痛めたり、そのバランスのままスポーツを行うと前十字靭帯損傷のリスクが高い動作になるからです。

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早い

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早いの画像

女性がトレーニングを継続するにはパーソナル+自宅トレーニング

登戸でジムに入ろうか?検討されている女性で継続できるか?不安という方も多いと思います。仕事をされている方はかなり難しいと思います。帰宅後に食事の支度など家事の後にジムに通うのは?難しい。自宅でのトレーニングをパーソナルトレーニングでサポートしているのがねもと整体&ストレッチスタジオです。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。の画像

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

筋トレがブームになってきていますが、ロコモティブシンドロームとして、マッチョだけでなく、中高年が筋トレブームになってきています。パーソナルトレーニング17年の経験からポイントをお伝えします。