トップアスリートもトレーニングと食事で成り立つ

トップアスリートもトレーニングと食事で成り立つ

トップアスリートは凄い食事量とトレーニングで体つくりまずは食事がしっかりしていないとトップアスリートは無理です

ゴルフ・ボウリング・・ラクロス・ドッジボール・ハンドボール・バスケットボール・バレーボール・フットボール・ラグビー・アメリカンフットボール・野球・クリケット・ソフトボールなどの球技やボクシング・柔道・レスリングなどの格闘技。
どれをとっても、ウエイト管理や体作りは必須。

しかし、今まで学生アスリートをみてきても、トップ選手になる子は、意識が全く違います。
中学生くらいからがこれが顕著で、勝つための体作りに適切な体重管理は必要ですが、しっかり体ができている選手は、専門家が入っていないと難しい時代に入っています。

トップアスリートのハードな練習量に耐えられる食事量とトレーニング

一般の人が2500キロカロリーの摂取だとしたら、アスリートはその倍です。
以前、海外のトップアスリートのジュニアで、一日の摂取が日本人の子供の倍くらい摂っていた記事を見ました。
ハードなトレーニングや練習をするには、相当量の食事が必要です。

食事を摂ることで練習もできるし、翌日のリカバリーまで変わってきますね。
ただ、少年サッカーの実情を聞くと、土日は試合中心で、その前後にも十分なカロリーを摂れていないようです。

またトレーニングに関しても、筋トレは身長が伸びないなど、指導者の方でもよく言われているのをみると、ジュニアアスリートの保護者も海外のトレーニングの情報も知らないと思います。

トップアスリートの為の食事とトレーニング公立の中学校だと体ができない理由

弊社には教職員の方も多くご来店されています。その際によく子供たちの体作りで私立の学校に比べて、食事が十分摂れない環境だと感じています。

私立の強豪校だとマネージャーがプロテインまで用意されています。

公立の中学校はお茶くらいしか持参できないようです。

朝練や体育の授業など体を動かしても、食事量は増えないので到底筋肉を増やすことは難しいと思います。

トップアスリートまでの必要な体を作るトレーニングと食事の問題は、時代とともにルールの変更が必要だと感じます。

ジュニアアスリート無料講座のお知らせ

LINEにご登録で無料講座5日間を配信されます。ご登録は下記から👇

友だち追加

アスリートサポートコラムに関連する記事

アスリートのパーソナルトレーナー・整体師としてレスリングに帯同

アスリートのパーソナルトレーナー・整体師としてレスリングに帯同の画像

アスリートのパーソナルトレーナー

日大レスリング部合宿から戻りました。レスリングのパーソナルトレーナー昨日まで、日大レスリング部の合宿にトレーナーとして参加してきました。
私は今回で13年目になりますが毎年必ずこの合宿で...

ジュニアアスリート 世界選手権銅メダル アスリート向け親子トレーニング

ジュニアアスリート 世界選手権銅メダル アスリート向け親子トレーニングの画像

タウンニュース多摩区 レスリング長女が掲載されました。

レスリングで市長表敬訪問に!本日のタウンニュース多摩区に川崎市市長表敬訪問の記事が掲載されました。
7月にレスリングの世界選手権カデットの代表として決意表明で、福田市長にお会いしましたが...

トップアスリート トレーニングジム 川崎市・横浜市ならこちら!

トップアスリート トレーニングジム 川崎市・横浜市ならこちら!の画像

トップアスリートの科学サポート 慶應義塾大学スポーツ医学

トップアスリートの科学サポート 川崎・横浜スポーツ整体神奈川県川崎の向ヶ丘遊園・登戸のねもと整体院長の根本です。
登戸・向ヶ丘遊園のねもと整体は、こちら!
今日は、慶應義塾大学日吉キャン...