朝食 タンパク質 量 スムージーだけ危険 登戸

朝食 タンパク質 量 スムージーだけ危険 登戸

腰痛膝痛予防にも。朝タンパク質を摂取理由

ねもと整体でも腰痛膝痛の方に除脂肪体重の維持が大切!
筋肉を如何に落とさないようにするというのは、腰痛膝痛予防の観点からも大切な要素です。
動画でもお話ししていますか夜、ステーキを食べたくて言って、タンパク質をとらなくていいと言うわけではありません。
夜寝ている間にアミノ酸の代謝が終了し、すでに朝はタンパク質が不足しがちになるのでタンパク質をまた摂取する必要があります。
筋肉の合成に対してタンパク質の摂取の頻度を高めることが良い影響を得ることができると言えますね

朝スムージーだけだと筋肉が落ちていってしまう理由

一般の人が1日に体重1㎏当たり1.2gのタンパク質が必要だと言われています。
最近だと朝食が食べれないかといって朝のスムージーだけで終わらしてしまう方も多いと聞きます。
一見、健康的な食事のようでダイエットにも良いように思え、実は真逆です。


夜食事をしてから朝食までにかなりの時間があり、寝てる間も筋肉というのは分解されやすい状態になっています。
そのためまず朝食からしっかりタンパク質をとっていかないと自分の筋肉を削ってしまうことになります。
そして動画で話してるように朝食をタンパク質を摂取するのはもちろんですが、それを支えているのは炭水化物。
炭水化物をしっかりとっていないと、自分の筋肉をエネルギーとして使ってしまいます。


そのためしっかり朝食をとることで筋肉の維持やさらに筋トレをプラスすることで筋肉の増加も見込めます^_^
当院に訪れる腰痛膝痛の方も筋肉が少ない、肥満気味になっている方はやはり腰痛や膝の改善にマイナスになります。
痛みを改善させるためにもまずはすぐにできる朝食のタンパク質の摂取習慣を取り入れてください。

筋トレをしてタンパク質を摂取することで腰痛肩こりシェイプアップに効果があります

ねもと整体にも膝痛や腰痛の原因が「ここ半年の体重増加が原因で腰や膝が痛くなってしまった」
と訴えられるお客様も多いです。
私は国際ライセンスを取得しているパーソナルトレーナーです。
整体師としてだけではなく、運動習慣や食事改善も指導できます。


皆さんに共有できる情報は今後もブログ、line@、メールマガジン、YouTubeなどの媒体でも情報発信していこうと思います。
Facebook、Instagram、Twitterも含めて、連動して情報配信をしています。
基本的なことだけどなかなか実践できない言うのが多くの方の悩みだと思います。


なぜ自分の生活習慣や運動習慣が変えられないのかと言うのも、長年の経験からパターンがあり、整体の背骨や骨盤などの関節の調整を受けている方も関心を持っていただいています。
今回の朝食の件も短いスパンよりも長い中長期的な部分では、腰痛・膝痛に影響してしまいます。

ちょっと体重が増えてきたかな?膝や腰に負担が来て歩いたり階段の上り下りで気になるかな?と言う方は動画を参考にしていただければと思います

パーソナルトレーニングコラムに関連する記事

スクワット 膝 つま先 向き

スクワット 膝 つま先 向きの画像

スクワットで膝を痛めるパターンを知ることで怪我のリスクを減らす

スクワットの膝の向きは重要です。それは、膝が内側に入ると内側側副靭帯を痛めたり、そのバランスのままスポーツを行うと前十字靭帯損傷のリスクが高い動作になるからです。

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早い

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早いの画像

女性がトレーニングを継続するにはパーソナル+自宅トレーニング

登戸でジムに入ろうか?検討されている女性で継続できるか?不安という方も多いと思います。仕事をされている方はかなり難しいと思います。帰宅後に食事の支度など家事の後にジムに通うのは?難しい。自宅でのトレーニングをパーソナルトレーニングでサポートしているのがねもと整体&ストレッチスタジオです。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。の画像

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

筋トレがブームになってきていますが、ロコモティブシンドロームとして、マッチョだけでなく、中高年が筋トレブームになってきています。パーソナルトレーニング17年の経験からポイントをお伝えします。