プッシュアップのコツ 向ヶ丘遊園パーソナルジム

プッシュアップのコツ 向ヶ丘遊園パーソナルジム

プッシュアップ やり方

こんにちは。向ヶ丘遊園登戸のねもと整体です。当院は整体及びパーソナルトレーニング指導も行っております。
最近Facebookでコロナ自粛からのプッシュアップを指名してリレーしていくような動画を多くみます。
ですので、プッシュアップのコツについて3つのポイントをお伝えしたいと思います。
 
YouTubeが見られる方は1分40秒の動画なのでぜひご覧ください

腕立て伏せは腕がメインではなく大胸筋がメインです

プッシュアップすなわち腕立て伏せは、名前からして腕のトレーニングだと思われていると思います。
 
しかしプッシュアップは、腕ではなく胸をターゲットにしたトレーニングでなければいけません
 
胸にターゲットを置くと、自然に腕と肩も共同して刺激が行きます。
逆はないと言う事ですね^_^
その肘の角度のポイントを動画で確認していただければと思います。

呼吸とスピードコントロールが筋トレの効果を最大限に高めます

呼吸とスピードコントロールです。
重要なのは呼吸とスピードコントロールです。
初心者の頃はとにかく回数をやるだけでもいいと思いますが、慣れてくると筋肉も刺激に慣れてしまい効果が半減していきます。
 
しかし私と同じようなスピードでやっていただくと、だんだん効いてくるのがわかると思います。下げるよりも実はあげるときの方がきついタイミングになります。
だんだん効いてくるのがわかると思います。下げるよりも実はあげるときの方がきついタイミングになります。
 
このあげる時もスピードを速くなりすぎないように気をつけて行ってみてください。
 
そうすることで効果が全く変わってきます。
 
プッシュアップをしっかり行うことで男性は男らしい胸に筋肉が発達し、女性はバストアップとして美容として良いトレーニングになります。
しかし、微妙な角度等はトレーニングしないと刺激が胸に来ない筋トレになってしまいがちです。
 
初心者の方は特に動画を何度か見ていただいて同じような形で行ってみて下さい。
女性の場合は膝をついて膝付きの腕立て伏せで充分です。

男女で筋肉がつきやすい性差があるのが上半身。
女性は「腕の筋肉がついて太くなったら?」と心配される方が多いです。
しかし、女性はなかなか上半身には筋肉がつきません。
動画でコツを紹介します。

向ヶ丘遊園・登戸で口コミ整体院

腰痛肩こりの整体からパーソナルトレーニングまで

パーソナルトレーニングコラムに関連する記事

スクワット 膝 つま先 向き

スクワット 膝 つま先 向きの画像

スクワットで膝を痛めるパターンを知ることで怪我のリスクを減らす

スクワットの膝の向きは重要です。それは、膝が内側に入ると内側側副靭帯を痛めたり、そのバランスのままスポーツを行うと前十字靭帯損傷のリスクが高い動作になるからです。

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早い

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早いの画像

女性がトレーニングを継続するにはパーソナル+自宅トレーニング

登戸でジムに入ろうか?検討されている女性で継続できるか?不安という方も多いと思います。仕事をされている方はかなり難しいと思います。帰宅後に食事の支度など家事の後にジムに通うのは?難しい。自宅でのトレーニングをパーソナルトレーニングでサポートしているのがねもと整体&ストレッチスタジオです。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。の画像

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

筋トレがブームになってきていますが、ロコモティブシンドロームとして、マッチョだけでなく、中高年が筋トレブームになってきています。パーソナルトレーニング17年の経験からポイントをお伝えします。