動的ストレッチ 効果と注意点

動的ストレッチ 効果と注意点

動的ストレッチ お勧めです

ねもと整体には腰痛肩こりのお客様やスポーツ整体を求めて、コンディショニングとしてご来院されております。
また、私が各種武道や格闘技での経験が豊富な為、スポーツ競技者のパーソナルトレーニング指導もしております。
動的ストレッチは、運動する前や、スポーツのウォームアップとしてスポーツトレーナーの中では浸透してきていますが、一般的にはまだまだ・・・
私の整体院でも朝起きたら動的ストレッチをお勧めしています。(お客さんには簡単なもの)

静的ストレッチでは怪我の予防にもならない可能性も・・

私の動的ストレッチの動画をご覧いただくと体の移動が含まれるものがほとんどです。
動的ストレッチと検索するとその場で行うエクササイズの動画がほとんどです。
これは、実際に動いて頂くと全然違うのが分かると思いますが、移動しながら行わないと心拍数の上昇や重心バランスの感覚などスポーツや日常動作に近いことが分かると思います。
特に移動が含まれるか?どうか?で運動強度や筋肉の温度を上げるウォーミングアップの意味が全く違うんですよね?
日常の腰痛予防などには、その場で重心移動が少ないもので充分効果があります。
その場で重心移動が少ないもので充分効果があります。
 
しかし、どうされている方、とりわけスポーツ競技をしている方は動画でご紹介してるような移動しながら複雑な動きをできるだけ多く経験することで、体もその動きに対する準備ができると言えるでしょう。

動的ストレッチの完了の目安

Instagramに私が実際行っているボックスジャンプと言うトレーニングの動画を紹介しました。
 
スポーツをされている方なら、このボックスジャンプができる位のアップができているとウォーミングアップ完了と言っていいと思います。
このボックスジャンプができる位のアップができているとウォーミングアップ完了と言っていいと思います。
 
アップができていないと、ジャンプ動作なんかしたくないですよね?
ジャンプ動作なんかしたくないですよね?
 
一般的なフィットネスクラブで行われているような運動前のストレッチではダッシュやジャンプができるような準備ができていないと思います。
 
その状態でテニスなど行おうとするものなら、イレギュラーな動きに対応できず、一瞬で怪我につながる可能性があります。
行おうとするものなら、イレギュラーな動きに対応できず、一瞬で怪我につながる可能性があります。
簡単な動作から複雑な動作
強度が低いものから高いものへ
動的ストレッチも順次が1番大事です。

向ヶ丘遊園・登戸で口コミ整体院

腰痛肩こりの整体からパーソナルトレーニングまで

パーソナルトレーニングコラムに関連する記事

スクワット 膝 つま先 向き

スクワット 膝 つま先 向きの画像

スクワットで膝を痛めるパターンを知ることで怪我のリスクを減らす

スクワットの膝の向きは重要です。それは、膝が内側に入ると内側側副靭帯を痛めたり、そのバランスのままスポーツを行うと前十字靭帯損傷のリスクが高い動作になるからです。

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早い

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早いの画像

女性がトレーニングを継続するにはパーソナル+自宅トレーニング

登戸でジムに入ろうか?検討されている女性で継続できるか?不安という方も多いと思います。仕事をされている方はかなり難しいと思います。帰宅後に食事の支度など家事の後にジムに通うのは?難しい。自宅でのトレーニングをパーソナルトレーニングでサポートしているのがねもと整体&ストレッチスタジオです。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。の画像

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

筋トレがブームになってきていますが、ロコモティブシンドロームとして、マッチョだけでなく、中高年が筋トレブームになってきています。パーソナルトレーニング17年の経験からポイントをお伝えします。