向ヶ丘遊園でスクワットとベンチプレスを指導しました

向ヶ丘遊園でスクワットとベンチプレスを指導しました

エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園にてスクワットとランジ指導

こんにちは。向ヶ丘遊園登戸のねもと整体&ストレッチスタジオの院長の根本です。
昨日は、百合ヶ丘高校の部活のトレーニング指導を午前中指導。
主に体幹トレーニングから、ラダートレーニング、ミニハードルでのランニング指導まで。。
午後はエニタイムフィットネス向ヶ丘遊園にて筋トレセミナー。
エニタイムフィットネス筋トレセミナーには、下北沢や国領の会員様にご参加頂きました。

整体院に帰って、何とぎっくり腰のお客様が4人連続、、
なかなかこれだけぎっくり腰のお客様が続くのは、珍しいです。

デットリフトとスクワットができればぎっくり腰予防ができる?!

ねもと整体では、整体とトレーニング指導の両面からアプローチをしています。
整体院にご来院される方の多くは、トレーニングはしていません。
そのような日常的に運動していない方にも、トレーニング的な指導ポイントをお伝えしております。
スクワットやデットリフトは、そのヒントになりますね。
この動作を行うだけで、皆さんの日常動作の問題点をスクリーニングでき、日常生活の姿勢改善に役立っています。

腰を丸る方が多い理由

腰痛になる方は、多くの方が画像のように腰を丸るタイプの方。
思い当たる方は、足が硬い方がほとんどです。
アキレス腱と腿の裏の拘縮です。
ここのボトルネックをストレッチやヨガで解決するのは難しいはずです。
腿裏やアキレス腱のストレッチは、パーソナルトレーニングレベルのスキルが必要です

腰痛肩こりケア体操

パーソナルトレーニングコラムに関連する記事

スクワット 膝 つま先 向き

スクワット 膝 つま先 向きの画像

スクワットで膝を痛めるパターンを知ることで怪我のリスクを減らす

スクワットの膝の向きは重要です。それは、膝が内側に入ると内側側副靭帯を痛めたり、そのバランスのままスポーツを行うと前十字靭帯損傷のリスクが高い動作になるからです。

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早い

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早いの画像

女性がトレーニングを継続するにはパーソナル+自宅トレーニング

登戸でジムに入ろうか?検討されている女性で継続できるか?不安という方も多いと思います。仕事をされている方はかなり難しいと思います。帰宅後に食事の支度など家事の後にジムに通うのは?難しい。自宅でのトレーニングをパーソナルトレーニングでサポートしているのがねもと整体&ストレッチスタジオです。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。の画像

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

筋トレがブームになってきていますが、ロコモティブシンドロームとして、マッチョだけでなく、中高年が筋トレブームになってきています。パーソナルトレーニング17年の経験からポイントをお伝えします。