エニタイムフィットネス 体が硬い人でも開脚セミナー

開脚の効果的なメソッドを無料で公開

こんにちは。川崎市登戸の向ヶ丘遊園ねもと整体&ストレッチスタジオの院長の根本です。
実質
15.5%〜20%
もどってくる!LINE PAYキャンペーンを開催中。
Lねもと整体はPayPay加盟店です。 LINE PAYでお得に整体が受けられます
健康寿命を意識していますか?
健康寿命とは、日常生活を送れる期間をいいますが、平均寿命と健康寿命はどれくらいか?
男性で約9年
女性では約12年
日常の生活が大変になる期間が約9~12年もあると言われています
支援や介護が必要になるわけですが、骨や関節、筋肉など運動器の低下が原因と言われています。
現代人は足腰を使わない生活になってきています。
また柔軟性が低下し、無理が効かないカラダになってきています。
今月もエニタイムフィットネス向ヶ丘遊園店で開脚をテーマに無料セミナーを開催します。
二日間にわたり、予約制でセミナーの参加者を募集しておりますが、エニタイムフィットネス会員でない方もご参加いただけます流
今回は開脚をテーマに簡単な講義と実技を行いますが、そもそも、なぜ開脚なのか?

開脚ができるとこんなメリットがあります

少し前に開脚の本が流行りましたが、開脚と言うのは横に足を開く開脚よりも前後に足を開く開脚の方が日常動作やスポーツに近いのは間違いありません。
例えば走る動作
ジャンプする動作
靴を履く動作も前後の動きです。
このように足が開かないことで腰が曲がりすぎてしまう原因になってしまっています。
という事は開脚がご自分の限界までできれば腰痛が改善したり、足が速くなったりと実はいいことずくめです。

ただ開脚するだけでは開くようにはなりません

しかし開脚ができるようになるにはただそのまま開脚をすればいいというものではありません。
逆に開脚ができない方はなぜ開脚ができないのかというところからステップを作っていかないといきなり開脚しても足がほとんど開かない。
という事は開脚が充分できれば腰痛が改善したり、足が速くなったりと実はいいことずくめです。
しかし開脚ができるようになるにはただそのまま開脚をすれば良いと言うものではありません。
逆に開脚ができない方はなぜ開脚ができないのかというところからステップを作っていかないといきなり開脚しても足がほとんど開かない、ということわ開脚しても固い人反応しないと言うことです

お申込みは簡単!ネット予約

すでに開脚のセミナーのお申し込みが始まっており、メールやお電話等でお役いただければ受付中です。
22日と30日と今回も土日になりますが、多くの方がご参加いただけると思います。
ホームページやLINEでご希望日とエニタイムフィットネス会員か否かをお名前を添えて送ってください。
ねもと整体より参加の有無を確認しましたらご返信をいたします。
それでは皆様のセミナーのご参加を心よりお待ちしております。

エニタイムフィットネス会員でない方もご参加下さい

エニタイムフィットネス会員でない方も無料でご参加いただけます。
当日は会員でない方は本人確認書類のみお持ちください。
エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園は、駅から1分のとても立地の良いところにあります。
初めてのご参加の方も多いので遠慮なくご参加ください

エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園のグループ指導中止

コロナ自粛の為、エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園店で行っていたグループセミナーは指導中止になりましたのでご了承ください。

腰痛肩こりケア体操

セミナー案内

パーソナルトレーニングコラムに関連する記事

スクワット 膝 つま先 向き

スクワット 膝 つま先 向きの画像

スクワットで膝を痛めるパターンを知ることで怪我のリスクを減らす

スクワットの膝の向きは重要です。それは、膝が内側に入ると内側側副靭帯を痛めたり、そのバランスのままスポーツを行うと前十字靭帯損傷のリスクが高い動作になるからです。

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早い

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早いの画像

女性がトレーニングを継続するにはパーソナル+自宅トレーニング

登戸でジムに入ろうか?検討されている女性で継続できるか?不安という方も多いと思います。仕事をされている方はかなり難しいと思います。帰宅後に食事の支度など家事の後にジムに通うのは?難しい。自宅でのトレーニングをパーソナルトレーニングでサポートしているのがねもと整体&ストレッチスタジオです。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。の画像

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

筋トレがブームになってきていますが、ロコモティブシンドロームとして、マッチョだけでなく、中高年が筋トレブームになってきています。パーソナルトレーニング17年の経験からポイントをお伝えします。