コルセットは腰痛に効果があるのか?腰痛ベルトを考察

コルセットは腰痛に本当に必要なのか?

腰痛の際に用いられるコルセットは本当に必要なのか?その正しい使い方をお伝えしたいと思います。結論から言うとぎっくり腰などの酷い急性腰痛の際のみに利用するが正しい使い方になります。逆に四六時中、仕事や家事でコルセットを利用されるのは、依存してしまい、自らの防衛反応を衰えさせることになりかねません。コルセットは、あくまでも固定という装具!お腹周りが気になる方のボディメイク術や業者があまり耳障りがいいことにご注意してくださいねコルセットでお腹を締めても脂肪がどこかにいくわけでもないです。お腹や背中のコルセットダイエットはないのと、慢性的な腰痛に対しても日常的につけることの危険性も書いてみたいと思います。


コルセットの本来の意味とは!

コルセットの装着する位置は、骨盤の上端で腹巻きのように腰椎を覆うようにつけてください。お腹を巻くのでウエストが細くなる!というイメージがついてしまうのですね・・・くびれが出る位置に巻くことで腰が動かなくなります。つまり、前屈や反る動作ができなくなります。ぎっくり腰は前屈すると痛い方が多く、肉離れや筋膜の損傷状態なので、前屈が制限された方が安定感も安心感もあるはずです。ぎっくり腰の方は、できるだけ筋肉が損傷しているので急性期の1~2週間は腰の筋肉をつかいたくないのです。そのため、コルセットで腰の筋肉をサポートとして利用されると楽です。また腰椎椎間板ヘルニアも、急性期はヘルニアの激痛で腰や足の痛みや痺れに悩まされます。

腰痛コルセットは筋肉の感覚がなくなります

前述したとおりの腰痛コルセットの使い方は適切な使い方なので積極的にご利用ください。問題は、長引く腰痛のコルセット利用です。長い期間腰痛の方は、体が硬かったり、筋力がなかったり、外傷で痛めてしまっていたりと様々な要因があります。しかし、運動機能の低下や、外傷で痛めてしまったということは機能改善が必要だと思いませんか?コルセットは筋肉を使うでしょうか?またコルセットは筋力を逆に低下させていませんか?筋肉を使う感覚がなくなると思います。私も空手時代に拳を一か月手術後に固定して外した際に驚きました。手が全く動かないのです。つまり、自らの筋肉を使わないと脳から神経を介して筋肉を動かす感覚がなくなるということです。弊社のLINE公式アカウントやメールマガジンでは、この運動機能を回復させるPNF的セルフストレッチを公開しております。

整体コラムに関連する記事

猫背矯正で登戸で16年の圧倒的な実績 骨盤矯正ねもと整体

猫背矯正で登戸で16年の圧倒的な実績 骨盤矯正ねもと整体の画像

猫背矯正で結果を出した意外な方法 登戸 

手技は単に資格だけでなく、どれだけの臨床実績が多いかで、猫背矯正の結果は見えてきます。弊社は16年という長年の実績で向ケ丘遊園・登戸で多数口コミを頂いております。猫背の問題は背骨だけ見てもダメです。その意外な原因は下肢の柔軟性です。

登戸で痛くないカイロプラクティックをお探しの方

登戸で痛くないカイロプラクティックをお探しの方の画像

登戸で痛くないカイロプラクティックをお探しの方

カイロプラクティックをお探しの方バキバキしないで矯正する時代向ヶ丘遊園登戸のねもと整体&ストレッチスタジオです。登戸で、カイロプラクティックにご興味ある方は是非ねもと整体のメイ...

登戸で日曜日もオープンの整体院 腰痛肩こりでお悩みの方は痛くない施術で安心です

登戸で日曜日もオープンの整体院 腰痛肩こりでお悩みの方は痛くない施術で安心ですの画像

日曜日もオープンの整体院 長年の臨床経験がものを言う

日曜日もオープンの向ケ丘遊園・登戸のねもと整体です。(第3日曜日はお休み)開業から16年と臨床経験から違います。肩こり腰痛の本当の原因は9割以上が関節の問題です。この関節の調整を全身に行っている関節ニュートラル整体。痛みが全くない施術で、後が楽になりやすいと言われています。キャリアの違いを是非、お試しください。