肩こりを放置すると手術?頸椎椎間板ヘルニア

肩こりを放置すると手術?頸椎椎間板ヘルニア

実は肩こりから手術なる可能性が誰にでもある

肩こりと言うと整形外科で診断された際に、病気と認識されず、湿布程度で終始してしまうのではないでしょうか?

しかしねもと整体&ストレッチスタジオでは、16年ほど肩こりの施術を行っていますが、肩こりを放置してしまうと最悪頸椎の手術まで選択しなければならないほどの頚椎椎間板ヘルニアなどの重症化も、見てきました。

肩こりがお辛い時点でいつ手術が必要になる日もしれない頸椎の重篤な症状になるかもしれないと言う危機感が必要だと感じています。

関節や筋肉も消耗品なので、経年劣化していくわけですが、同時に補強していかないと取り返しがつかない椎間板ヘルニアに陥る可能性すらあります。

肩こりを放置した結果、地獄の痛みである首のヘルニアがどういうものなのかご説明していきます。


肩こり手術はどのように悪化していくか?

それでは肩こりがどういった流れで悪化して手術しなければならないほどの頸椎椎間板ヘルニアなを経験することになるのか?
多いパターンを紹介していきます。まず肩こりが辛い、頭痛がある、首が痛い、肩が痛いと言った強い自覚症状がスタートラインです。この辛い、痛いが徐々にしびれに変わっていきます。肩こりの場合は首の神経が肩や、腕まで来ているので、腕がしびれてきたり肩が寝れないほど痛くなったりします。

このレベルの肩こりの症状持ちの方は、かなり多いのではないでしょうか?ここからが急に首が回らなくなるほどの激痛になるのが傷ついた。ヘルニアです。寝違えの場合は1週間ほどで激痛でも完治します。しかし決然看板ヘルニアは3ヶ月から6ヶ月この痛みが続くので耐え難い激痛になってきます。期間も長いですし、痛みも睡眠不足になるほど辛いと言う話をよく聞きます。

肩こり手術は一回だけでは終わらない

肩こりの手術は腰の腰痛椎間板ヘルニアの手術とも言えることですが、再発率が高いと言うのが特徴です。頸椎椎間板ヘルニアは3ヶ月から6ヶ月の激痛にもかかわらず、ほとんどの方が9割自然に回復します。しかしこの中の一定の人数が頸椎の手術になってしまうと言われています。

そして手術をしたときに1回目はそこまでの大手術ではなく、再発した時にヘルニア2着を取るような大きな手術になります。ここまで悪くなる方は、首だけの問題ではなく全体的な身体の柔軟性や姿勢が問題がある方がほとんどですが、これは医療では改善しないので再発してしまうと思います。

首だけ手術しても、他の部分は修理していないと言うことです。極端なこと言うと肩こりの段階から予防するしかありません。ねもと整体&ストレッチスタジオのホームページではメールマガジンやLINE公式アカウントにてセルフケアの動画を配信しております。ホームページの下部からご登録ください。

腰痛肩こりケア体操

整体コラムに関連する記事

猫背矯正で登戸で16年の圧倒的な実績 骨盤矯正ねもと整体

猫背矯正で登戸で16年の圧倒的な実績 骨盤矯正ねもと整体の画像

猫背矯正で結果を出した意外な方法 登戸 

手技は単に資格だけでなく、どれだけの臨床実績が多いかで、猫背矯正の結果は見えてきます。弊社は16年という長年の実績で向ケ丘遊園・登戸で多数口コミを頂いております。猫背の問題は背骨だけ見てもダメです。その意外な原因は下肢の柔軟性です。

登戸で痛くないカイロプラクティックをお探しの方

登戸で痛くないカイロプラクティックをお探しの方の画像

登戸で痛くないカイロプラクティックをお探しの方

カイロプラクティックをお探しの方バキバキしないで矯正する時代向ヶ丘遊園登戸のねもと整体&ストレッチスタジオです。登戸で、カイロプラクティックにご興味ある方は是非ねもと整体のメイ...

登戸で日曜日もオープンの整体院 腰痛肩こりでお悩みの方は痛くない施術で安心です

登戸で日曜日もオープンの整体院 腰痛肩こりでお悩みの方は痛くない施術で安心ですの画像

日曜日もオープンの整体院 長年の臨床経験がものを言う

日曜日もオープンの向ケ丘遊園・登戸のねもと整体です。(第3日曜日はお休み)開業から16年と臨床経験から違います。肩こり腰痛の本当の原因は9割以上が関節の問題です。この関節の調整を全身に行っている関節ニュートラル整体。痛みが全くない施術で、後が楽になりやすいと言われています。キャリアの違いを是非、お試しください。