向ヶ丘遊園 ヘルニア手術後に男性ご来院

向ヶ丘遊園 ヘルニア手術後に男性ご来院

向ヶ丘遊園 整体院 ヘルニア手術後にご来院

こんにちは。向ヶ丘遊園登戸のねもと整体&ストレッチスタジオの院長の根本です。
腰の骨の間にある椎間板というクッション
椎間板から髄核が飛び出てヘルニア、また脊柱管という管が腰骨の中にあり神経が通り、それが年齢と共に腰痛や下肢の痛みに繋がります。
椎間板ヘルニアは再発率も高く、向ヶ丘遊園・登戸のねもと整体では、手術前にできることをご提案しております。
右図のように椎間板の中身である髄核が後ろに出て、神経を圧迫するのが腰椎椎間板ヘルニアです。神経が圧迫されると炎症が起きて、痛みやしびれ、麻痺などの症状が起きます。


先日腰のヘルニアを患い、術後1年後の男性が腰痛が再発したためご来院されました。
お話を聞くとヘルニアの手術をされた際に【2度目の手術をした場合は、神経の融着取るまでの手術になるので日帰りではなく、数ヶ月の入院が余儀なくされる可能性がある】とドクターに言われているそうです。
私が施術をさせていただいた際に感じたのは、ヘルニアそのものよりも、その男性が体がかなり硬かったことが挙げられます。
かかとをつけてしゃがむ動作がまずできない方が重度の腰痛やヘルニアの方に非常に多いのです。

ヘルニアの原因より、足が硬いことが原因

上記のような、かかとをつけてスクワットの姿勢を行ってみてください。
正常な方はそのままストンとお尻が下まで行きますが…
体が硬い方は踵が浮いてしまったり、、
背中をかなり曲げてしゃがむ落としているのがわかるはずです。
つまり腰椎を過剰に屈曲し始めてしまうのです。
実はこれがヘルニアの症状と相まって再発を繰り返す腰痛やヘルニアになっているのです。



残念ながらこの足首が固いリハビリに関しては病院などでは対応しているところがありません。
昨日ご来院された方も手術のリハビリはほとんどされてないと言うことでしたので再発して生きているのだなというのが私の感じたところです。
このような全身を常に見ると言うのは医療でも、そして名医と言われる整形外科の先生でも対応されていないところがほとんどです。

腰や足が痛くなる原因 ハムストリングスの拘縮

腰痛・重度のヘルニアでも、ご相談を!

昨日これでその男性にも、施術後に明らかに可動域などが広がり痛みも軽減されていたので定期的な通院をお勧めしました。
再発して手術されたり…
数ヶ月の入院が余儀なくされるようになってしまうよりは、整体で腰以外の関節の摩擦をしっかりとっておくことが根本的な改善につながります。
入院して仕事ができなくなる可能性もある。


そのようなことを手術後にドクターから言われているのを聞いて、整体での全身の調整と私のエニタイムフィットネスでのパーソナルトレーニングで早い段階で改善ができますよと言うことをお伝えしました。
痛いから腹筋もできません。
そうしちゃっていましたが実はプロの私たちトレーナーから見ると腹筋自体のやり方に問題がある方がほとんどなのでまず正しい安全なフォームを習得していただければかなりの方々か、、。腰痛持ちでも筋トレもできるようになります。

上の動画をご覧いただくとなぜ腰痛が起きるのか?
腰痛が腰だけが悪いのではない。ということが分かると思います。

整体コラムに関連する記事

腰痛 やってはいけない筋トレ 腹筋よりスクワット

腰痛 やってはいけない筋トレ 腹筋よりスクワットの画像

腰痛 やってはいけない筋トレ 腹筋で痛めています

向ヶ丘遊園のねもと整体&ストレッチスタジオです。腰痛のやってはいけない筋トレについて書いています。動画でも話していますが、腰痛でやってしまいがちな腹筋や腰痛でも可能な筋トレについて書いてみました。

首を後ろに反らすと痛い人は斜め前のストレッチが効果的

首を後ろに反らすと痛い人は斜め前のストレッチが効果的の画像

首を後ろに反らすと痛い人は前側にストレッチした方がいい

首を後ろに反らすと痛い人は反ってはいけません。向ヶ丘遊園のねもと整体&ストレッチスタジオでは、斜め前のストレッチが効果的と指導しております。動画もご参考にしてください。

登戸で足の専門 膝の痛み・股関節の痛み・足裏の痛み・踵の痛み

登戸で足の専門 膝の痛み・股関節の痛み・足裏の痛み・踵の痛みの画像

足首や足底の痛み・外反母趾・足底筋膜炎などの足の痛みや痺れ

登戸で足の痛みを専門的に施術。17年以上膝の痛みや股関節の痛み・足底筋膜炎・外反母趾の施術を骨の一つ一つ検査して調整できる技術者です。