不眠解消には運動習慣が大事 効果を上げる時間管理

不眠解消には運動習慣が大事 効果を上げる時間管理

登戸・向ヶ丘遊園のパーソナルトレーニングジムがお応えします。不眠の人は運動不足解消しなくては!

最近、日本人の睡眠時間が短いと言うことがニュースになっていました。


今日は私がパーソナルトレーナーを行っている独自の視点で不眠、解消法についてお話ししていきたいと思います。


なぜ?日本人が睡眠不足になっているのか?


その1つが日本人が座っている時間が世界で1番長いということが関係していると私は思います。


ビックデータで見ても、デスクワークの方は、病気な罹患率や寿命に関係してきていると言うことがわかっています。


長い時間座っているとなぜ良くないのか?


私たちの体は自律神経にて、自動にへ調整されている。不活動では、自律神経が働かないと思われます。


学生時代のことを思い出してください。通勤で歩いたり自転車で、運動や体育の授業等で体動かすと帰ってきて、お風呂に入って、もう眠くなっていたのではないでしょうか?


それだけ体を使うと、自律神経が交感神経刺激になり、自然とリラックスして、眠りが深くなっていたのではないでしょうか?


それが高校卒業したあたりから、運動不足になり、座ってる時間が長くなり、いつしか、自律神経の調整もうまくいかなくなってしまった!こういった方がかなり多いと思います。

睡眠不足 運動する時間がない日本人はどうしたらいいのか?

・駅を一つ前で降りて、歩く。時間があったらスクワットとカーフレイズを行う。階段を使うことで下半身のトレーニングと心肺機能の維持。

睡眠不足で悩む日本人がネックになってくるのは、労働時間が長かったり、運動する時間、場所がないことです。
私たちフィットネス業界の人間には、どのようにして運動の時間を増やしていったらいいのか?クライアントさんに常に提案する仕事です。

確かに22時に帰ってきて、そこから食事をしてさぁ!!運動と言うわけにはいきません。
昼間の時間に、しゃがんだり、立ったり、歩いたりといった日常動作から活動量を増やすというのが、現代人にあった運動機能を少しでも回復させる手段です。

例えば今エレベーターを使っているところをできるだけ階段にするだけで、有酸素運動のように活動量が増えます。
また、いつもよりも駅を1つ早く降りて、早歩きで歩いてみる!
こういったことを実践している方は、生活活動量を増やすことができます。

例えば5分間縄跳びのようにその場ジャンプをするのでも有酸素運動とカウントして良いと思います
できれば10分+運動と言う意識があると現実的に効果を実感できると思います。

私が睡眠不足ともう一つ、日本人の現代人に改善していただきたいのは、朝食をしっかり食べると言うことです。

朝食を食べないとエネルギーが入ってこないわけですから、活動的な上記のような生活の運動量を増やすことができません。
それには、夜の食事を少しコントロールする必要があります。
少し全体的な健康的なバランスを考えてみてはいかがでしょうか?それは朝食焼きに限らず、飲酒や禁煙なども運動に密接に関わっています。

夜食事をして飲酒をされると睡眠も浅くなります。
体調も悪くなり、朝食も取れない・・・
このような全体の設計を少しずつ変えていかないと1つの事だけではなかなか一筋縄にいかないと言うことが皆さんもわかると思います。

ジムに行かなくても、負荷が強い運動ができます。トレーニングを少し工夫することで、どなたでも運動習慣を増やし、規則正しく深い睡眠がとれるようになります。薬だけに頼らず、まず生活活動量と運動習慣を増やしましょう!

整体とパーソナルトレーニングで悩みを解消

向ヶ丘遊園・登戸のねもと整体&ストレッチスタジオでは、整体院として誕生した16年前からパーソナルトレーニングを行ってきております。体を整えて、運動できるような体作りをサポート!

YouTubeやInstagramでも情報発信をしております。

パーソナルトレーニングコラムに関連する記事

エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園ANNEX店の翌月半額

エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園ANNEX店の翌月半額の画像

エニタイムフィットネス向ケ丘遊園ANNEXの翌月の料金50%紹介

エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園ANNEXは向ヶ丘遊園北口駅前の銀座フォレスト3階にあります。ねもと整体&ストレッチスタジオ院長根本大はエニタイムフィットネス向ヶ丘遊園・向ヶ丘遊園ANNEX・登戸・生田店のパーソナルトレーナーも兼務。向ヶ丘遊園ANNEXは紹介割引があります。

腰痛の時にジョギングで悪化した女性が多い事実

腰痛の時にジョギングで悪化した女性が多い事実の画像

腰痛の時にジョギング・ランニングなど走っても大丈夫?

腰痛の時にジョギングやランニングで悪化するケースも多いです。腰痛の時にどんな運動をして走る能力を維持をするのか?スポーツトレーナーの経験も豊富な院長がお応えします。

スクワット 膝 つま先 向き

スクワット 膝 つま先 向きの画像

スクワットで膝を痛めるパターンを知ることで怪我のリスクを減らす

スクワットの膝の向きは重要です。それは、膝が内側に入ると内側側副靭帯を痛めたり、そのバランスのままスポーツを行うと前十字靭帯損傷のリスクが高い動作になるからです。