逆腹筋 腰痛になるので腰の反り注意

逆腹筋で腰痛に

神奈川県川崎市のねもと整体の根本です。
腰痛に特化した整体院ですが、今日は、逆腹筋が腰痛になりやすい理由について書いてみたいと思います

なぜ、逆腹筋が腰痛になりやすいのか?

いつもねもと整体のブログやメルマガでお話ししているように、腰の5本ある腰椎と言うのは、後ろに反る動きに弱いですよ〜と言うお話をしています。
しかしYouTube動画で逆腹筋などの動画を見ると思いっきり、立位や膝立ちの状態で腰を反ってしまっています。
これらでやはり問題になるのは、腰を過剰に反ってしまうことが腰痛になってしまう原因になってしまうのに、エクササイズでそれをやってしまうと言うことに問題があります。

逆腹筋でお腹が凹むは嘘!

筋肉と言うのは収縮することで力を発揮するのですが、この逆腹筋と言うのは筋肉が収縮する逆の方向に促すことでエキセントリックな筋活動になります。
ある意味で筋肉痛が起こりやすい可能性もあります。
しかし運動生理学を学んでいれば筋肉痛=筋肉がつくということではないので、きつい!などの感覚と実際に筋肉がつく現象と言うのがギャップがあります。
トレーニングに対しての情報弱者の方に対してはこういったトレーニング科学の理論は学んでいるわけではないので、ある意味洗脳させやすいエクササイズといえます

そもそも腹筋をやったからと言ってお腹が割れるわけではない

多くの方が勘違いしてしまうのが、、
腹筋をやるとくびれができる!またはシックスパックになるなど幻想があると思います。
解剖学的に言うと腹筋と言うのはもともと破れているもので、腹筋運動やったから腹筋が割れてるのではなくもともと割れているものです。
特にくびれやシックスパックになっている方は腹筋がすごいあると言うだけではなく、体脂肪率が低いと言うのが1番挙げられます。
そんなに腹筋を鍛えてもその上に脂肪が落ちていなければくびれや、シックスパックになると言うのはありえないと言うことです。

くびれやシックスパックになりたければバランスよく運動すること

動画をご覧いただくと分かるのですが、お腹周りをすっきりさせたい方は最も効果があるのはやはり有酸素運動です。
脂肪を落とす運動と言うと有酸素運動が1番です。
しかし代謝を良くしたり、最近だとスクワットを始め、デッドリフトやベンチプレスなどがっつりしたトレーニングはやはり基礎代謝が上がってボディーメイクに有効だと言うことも改めて感じられていると思います。
実はあれだけ流行っているライザップも、ライザップを入会した人に聞くとわかりますが、腹筋と背筋を延々と多くなって行っています。
有酸素運動ができる時間と設備がないため、食事制限をしているのです。
理想言うと心肺機能を上げていった方が能力としては高いので、知ってる有酸素運動をした方が良い。
それができなければ、ウォーキングなど長時間やるしかありません。
こうなると時間や費用等がかかってしまうので現実的にはできない人が出てきますよね?
そういった心の隙間から、何か楽な方法で効果がないかな?と言った魔がさしてしまったときに、逆腹筋の動画や記事を見てしまうとついついそちらの方をやってしまうのではないかと思います。
バランスよくトレーニングするのは無理と考えず、できることから行っていきましょう
それが逆腹筋ではなく、スタンダードなトレーニングをバランスよく行っていただくのが1番です

腰痛肩こりケア体操

向ヶ丘遊園・登戸で口コミ整体院

腰痛肩こりの整体からパーソナルトレーニングまで

パーソナルトレーニングコラムに関連する記事

スクワット 膝 つま先 向き

スクワット 膝 つま先 向きの画像

スクワットで膝を痛めるパターンを知ることで怪我のリスクを減らす

スクワットの膝の向きは重要です。それは、膝が内側に入ると内側側副靭帯を痛めたり、そのバランスのままスポーツを行うと前十字靭帯損傷のリスクが高い動作になるからです。

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早い

登戸でジムに女性が入会して効果を上げるにはパーソナルトレーニングが早いの画像

女性がトレーニングを継続するにはパーソナル+自宅トレーニング

登戸でジムに入ろうか?検討されている女性で継続できるか?不安という方も多いと思います。仕事をされている方はかなり難しいと思います。帰宅後に食事の支度など家事の後にジムに通うのは?難しい。自宅でのトレーニングをパーソナルトレーニングでサポートしているのがねもと整体&ストレッチスタジオです。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。の画像

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

筋トレがブームになってきていますが、ロコモティブシンドロームとして、マッチョだけでなく、中高年が筋トレブームになってきています。パーソナルトレーニング17年の経験からポイントをお伝えします。