寝起きで腰痛になりやすい深い理由

なぜ、寝起きで腰痛になりやすいのか?

夜寝ているときに体を休めているはずなのに、腰痛になり、朝起きられない。整体にご来院される方も一定数の方が朝起きた時にぎっくり腰になっているという話もよく聞きます。通常は寝ているので体が休まっているはずなのに、朝が腰が辛いと言うのは不思議だと思いませんか?体全体の柔軟性のバランスが悪いと、寝返りでもオーバーストレッチもない筋膜の損傷が起こります。これが朝に起こる不可解な腰痛の答えです。これ以外にも、慢性的な腰の関節炎になる方もいらっしゃいます。どちらも共通しているのは、就寝前の腰痛肩こりケア体操の励行でかなり予防ができます。


寝起きの腰痛は寝返りで起こる

寝ているときにほとんどの人が仰向けで寝始めても、横向き、うつぶせなど何十回も寝返りを打ちます。つまり、寝方を気にしてもあまり意味がないと言う事ですね。寝返りを数十回打つことで、体が硬い方は筋肉のオーバーストレッチで肉離れを起こしてしまいます。

これはぎっくり腰の類です。

さらにこのぎっくり腰を不定期で行ってしまう方は、ヘルニアが待っています。

朝起きて腰が痛いと言う方は危険信号が出ているので、リスクを減らすことを考えましょう。それはあらゆる方向に関節が動くような体操を寝る前に行うことです。

普通は朝起きたら腰が痛くなるから腰のストレッチをすればいいのかな?と考える方が多いと思いますが実はそうではありません。むしろ腰以外のところを念入りにストレッチしてほしいところです。

腰が動きすぎて痛めてしまうことからではどこが固いのかと言うことをしっかりチェックし、ボトルネックを解決することが、寝起きの腰痛改善につながるのです。

寝起きの腰痛改善の要は足ストレッチから

腰が悪いのに、なんで足のストレッチをするのか?多くの方が初めて聞く話だと思うのでご紹介していきます。腰椎ヘルニアと言う病気を皆さんご存知でしょうか?腰の下部である腰椎の4番5番にヘルニアがある方が非常に多いです。20代から半数、60代になると8割位の方が腰椎の変異が見られます。という事は腰がすり減ってしまっているわけですね。それなのにまたさらに腰をひねるような無理なストレッチをしていませんか?腰痛になる方のほとんどは足が固いからです。足の筋肉が固いと知らず知らずのうちに、半数の方が潰れて弱体化してしまっている腰椎を余計に動かしすぎてしまうのです。腰が痛くなると言う事は、腰が固いのではなく、腰がぐらぐら、ゆらゆらと不安定になっていると考えるとわかりやすいと思います。つまり、二足歩行で疲れている足を毎晩緩めて欲しいのです。その時に1つ注意するのは、腰を無理に曲げたり、ひねったりしないことです。

腰痛になってしまう方の多くはヘルニア、、つまり腰がすり減ってしまっているのをさらに自分で動かしすぎてしまっていると考えた方が良いでしょう。川崎市向ヶ丘遊園登戸のねもと整体では、この事実をねもと整体&ストレッチスタジオのYouTubeチャンネルで公開しております。YouTube内では一流の治療言えの先生との急性腰痛や慢性腰痛の予防改善についての対談動画もロングで話しています。ぜひ、ねもと整体&ストレッチスタジオYouTubeチャンネルで検索してみてください。

整体コラムに関連する記事

猫背矯正で登戸で16年の圧倒的な実績 骨盤矯正ねもと整体

猫背矯正で登戸で16年の圧倒的な実績 骨盤矯正ねもと整体の画像

猫背矯正で結果を出した意外な方法 登戸 

手技は単に資格だけでなく、どれだけの臨床実績が多いかで、猫背矯正の結果は見えてきます。弊社は16年という長年の実績で向ケ丘遊園・登戸で多数口コミを頂いております。猫背の問題は背骨だけ見てもダメです。その意外な原因は下肢の柔軟性です。

登戸で痛くないカイロプラクティックをお探しの方

登戸で痛くないカイロプラクティックをお探しの方の画像

登戸で痛くないカイロプラクティックをお探しの方

カイロプラクティックをお探しの方バキバキしないで矯正する時代向ヶ丘遊園登戸のねもと整体&ストレッチスタジオです。登戸で、カイロプラクティックにご興味ある方は是非ねもと整体のメイ...

登戸で日曜日もオープンの整体院 腰痛肩こりでお悩みの方は痛くない施術で安心です

登戸で日曜日もオープンの整体院 腰痛肩こりでお悩みの方は痛くない施術で安心ですの画像

日曜日もオープンの整体院 長年の臨床経験がものを言う

日曜日もオープンの向ケ丘遊園・登戸のねもと整体です。(第3日曜日はお休み)開業から16年と臨床経験から違います。肩こり腰痛の本当の原因は9割以上が関節の問題です。この関節の調整を全身に行っている関節ニュートラル整体。痛みが全くない施術で、後が楽になりやすいと言われています。キャリアの違いを是非、お試しください。