登戸 腱鞘炎・ばね指は手の酷使・育児に多い

登戸 腱鞘炎・ばね指は手の酷使・育児に多い

登戸で腱鞘炎でお困りの方へ

登戸・向ヶ丘遊園のねもと整体です。
昨日、育児で腱鞘炎になったと言う女性の方からお問い合わせをいただきました。
腱鞘炎と言うとサポーター、病院、薬、湿布、ストレッチと言った選択があります
症状が進行してしまうと腱鞘炎手術の可能性もあります
根本整体では腱鞘炎 ストレッチ予防をお勧めしています。
これは最悪の状態になる前の予防として効果があります。
腱鞘炎になる方は育児で1カ所に負担がかかってしまいます。
という事は腰痛と同じ、分散させることが根本的に手首のストレスを軽減することにつながります

腱鞘炎になりやすい

生地でどうしても腱鞘炎になりやすいのは抱っこです
スポーツなどでも同じですが自分の体幹から、離れているところで力を使おうとするとより手首に負担がかかります。
まずは手首の柔軟性を正常にし、1カ所に負担がかからないようにする。
根本整体では必ず骨を一つ一つつかみ、医療と違うようなケアを心がけています

腱鞘炎になる前の予防

手を使い過ぎると、腱と腱鞘の間でストレスがかかります。
手を使いすぎる職業や指や手首に負担をかける主婦もなりやすいですね。
手も背骨や骨盤と同じように関節です。関節の摩擦を常に良くすることで腱鞘炎の予防改善も可能です。
まだそこまで腱鞘炎が悪化していない方は、上の画像のように捻りの運動をしてみてください。

腱鞘炎は最悪手術になるので早めのケアを!

「ドケルバン病」「ばね指」といった症状がスマホのやりすぎや手の酷使から増えています。
当院のお客様ならわかると思いますが、腰痛ですら、腰に痛みがあっても、腰だけやってもダメ。
むしろ他のところが引き金になって痛くなっているケースが多いのですが・・・
全身の関節の調整をしているところは、お客様に聞いてもほとんどないと聞きます。(全身の整体という意味ではなく、全身の関節というのは意味が違うのです)
画像のような骨を一つ一つ掴み「関節のあそび」をつけるということです。
腱鞘炎も最悪手術になります。
そうでなくても、日常動作もできないレベルになるとずっと辛いはずです。

予防は整体からストレッチがベストです。

整体とストレッチは目的がまた違います。
腱鞘炎も、痛みが続くようなら近所の整形外科を受診する方が多いと思います。
整形外科ではレントゲン検査で関節の摩耗状態が分かります。
向ヶ丘遊園・登戸のねもと整体では、腱鞘炎も骨の一つ一つの弾力を回復させます。

腰痛肩こりケア体操

整体コラムに関連する記事

整体 法人契約 神奈川県・東京に出張します

整体 法人契約 神奈川県・東京に出張しますの画像

整体 法人契約 神奈川県・東京に出張します

整体 法人契約で東京・神奈川県の企業に出張します。川崎市向ヶ丘遊園・登戸のねもと整体&ストレッチスタジオの根本です。
弊社は、開業から14年の川崎市にある整体院です。
以前から既存...

腰痛改善時期が40歳から高齢者までに予防が大切な理由

腰痛改善時期が40歳から高齢者までに予防が大切な理由の画像

腰痛改善時期 40歳から高齢者までに予防が大切

腰痛を早く改善させるべく理由こんにちは。向ヶ丘遊園のねもと整体です。
ねもと整体にも腰痛で苦しむ方が多くご来院されています。
日本人の20代で半分
60代の80%の方が腰椎椎間板ヘルニア
痛み...

腰痛原因は腰だけに在らず!全身の関節の調整

腰痛原因は腰だけに在らず!全身の関節の調整の画像

腰痛 原因は全身にあり!

腰痛 原因 解決 この男に!https://www.youtube.com/watch?v=hplCB4MD1pQ このYouTube動画はお遊びですが、面白いので是非ご覧ください。...