足の痛み・痺れは注意!脊椎管狭窄症

足の痛み・痺れは注意!脊椎管狭窄症

脊椎管狭窄症の信号 足の痛み・痺れ

足の痺れ 登戸

足の痺れ・痛みは、悪化しないように対応した方がいいと思います。

向ヶ丘遊園登戸のねもと整体&ストレッチスタジオの根本です。
 
先日、80歳の方で脊椎管狭窄症の男性がご来院されました。
狭窄症は背骨の穴が狭くなってくる事は皆さんもご存知だと思いますが、年齢とともに配管がつまるような状態になってくる。
その結果、狭窄症と診断された方は年だからと諦めている方も多いのではないかと感じます。
 
その結果、狭窄症と診断された方は年だからと諦めている方も多いのではないかと感じます。
 
80代でももう少し年齢が、上がってしまうと、手術も踏み切れない。
そのような形でも別の手段があるのを知っていただければと感じています。
 
 
穴を広げる事は、手術ではないとできないと思いますが、動きが悪くなっている背骨に対して一つ一つ安全に関節を動かすことで症状を改善することができると言うのはご存知でしょうか?
手術ではないとできないと思いますが、動きが悪くなっている背骨に対して一つ一つ安全に関節を動かすことで症状を改善することができるというのはご存知でしょうか?
 
これは関節ニュートラル整体と言うカイロプラクティックを発展させた技術で対応可能です。
カイロプラクティックを発展させた技術で対応可能です。
 
アメリカ発祥のカイロプラクティックが生まれて100数十年経ちます。
生まれて100数十年経ちます。
 
日本はさらに高齢化社会になり、技術に関しても他の分野でも、技術性が高い緻密な国民性があると思います。
技術性が高い緻密な国民性があると思います。
 
私の師匠である及川先生が、10年ほど前からこの脊椎間狭窄症にも対応できる関節ニュートラル整体を書籍として15冊以上紹介しています。
20年ほど前からこの脊椎間狭窄症にも対応できる関節ニュートラル整体を書籍として15冊以上紹介しています。

足の痛みや痺れ 脊椎管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア

足の痺れも9割は腰椎の圧迫

関節ニュートラル整体では、200ロッコの関節を画像のようにつかみ調整しています。
 
一般的には知られていない問題になっている腰以外のところを調整することで結果改善することが多いです。
 
 
つまり医療とは全く違う、、理学療法とも異なる方法を採用しております。
理学療法とも異なる方法を採用しております。
 
先日来られた方も、通常腰が痛いと言うと腰を牽引したり腰のストレッチをしたりと言うのが一般的ですが、当院で行っているのは画像のような脊椎や油、下半身の筋肉や腱のリハビリ、仙腸関節の調整といった医療機関で行っていないアプローチだと思います。
 
そうすることで、動きが分散します。
高層マンションで言うと全体的に免震構造で力を逃がしてくれるから大地震に備えることができます。
これを症状にとらわれず常に全身を見ると言うことを日常的に行っているのがねもと整体で行っている手技です。

足の痺れや痛みを放置しておくと最後は麻痺

足の痺れや痛みも進行していくと末期は麻痺になります。筋力が低下して歩行が困難になり、最悪、半身不随になります。
足が思うように動かずに、足がもつれ歩きづらくなるなどで車いすの生活になる可能性も。

それを予防することは運動と整体が一番の近道です。

今までの色々試した方も、麻痺までいっていなければ整体で改善できる可能性があります。
一番大切なことは下半身の柔軟性と筋力を低下させないことです。

足の痺れが強い方もデルマトームでは、腿の裏側は腰椎の1番・2番といった腰で圧迫されていることがわかります。

しかし、腰を揉んだらいいというわけではなく、その上の胸椎が硬く、下の腰が圧迫されていることがほとんどです。

バキバキする矯正ではなく、一つ一つ関節を動かす技術があります

足の痺れは手術しても残る 極論予防しかありません。

脊椎手術 登戸

足の痺れは手術後も残ることが多い。

足の痺れが怖いのは、「痺れは手術しても残る」という事実です。
単なる足の痺れと、軽く考えるのは怖く、実は「脊柱狭窄症」「腰椎椎間板ヘルニア」は、加齢や、前かがみが続く労働で、腰椎や椎間板が変形するので、腰の神経を圧迫されていることが言えると思います。

歩行でと大腿部や膝下の痺れが酷くなると100mも歩くことができなくなり、手術になる可能性が高まります。

そして、手術をした後に良くなれば、まだいいのですが、「手足がビリビリ」「手足に力が入りづらい」というレベルになると手術をしても手遅れで痺れが残るケースも多いと思います。

腰椎脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症、頚椎・腰椎椎間板ヘルニアは痺れが起こりやすく、腰椎の間にあるクッションの役割を果たす椎間板が出てしまったり、脊柱管が狭くなる、また腰椎や椎間板が変形して神経を圧迫される病気です。

脊椎手術では、脊髄や神経根の圧迫を除去されます。

しかし、長期間圧迫されて変形した神経は回復が難しく元には戻りません。

脊椎以外の関節を整えることは自由診療しかできない

手術をしても痺れが残ることを書いたとおりですが、もう一つは手足の関節の動きを代償して、脊椎が悪くなっているという視点が医療にはないということです。

つまり、脊椎の神経の神経根の圧迫を除去をしても、それ以外の本当の原因に対するアプローチが全く行われていないということに着眼することが必要です。

予防改善に先に整体院へ 手に負えない時は信頼できる手術経験が豊富な医療 そしてその後の整体でのリハビリ

お勧めなのが、まず経験が豊富な臨床経験が豊富な整体の先生など治療家を探すことです。
私がこの整体の世界で18年以上キャリアがありますが、年々技術や経験が増し、効果も全く変わってきています。
この際に自分で開業して経験を積んでいるのか?他の場所で経験をしているのか?で整体の場合は全く話が変わってくると感じています。

なぜなら、自分で見立てた経験でないと歯車の一つでは、カウンセリング・施術・フォローまでの実質的な経験人数が異なるからです。
そして、手に負えない場合は速やかに医療への受診も勧めるべきです。自分で囲い込むのは整体院の場合よくないケースもあります。

これは適応外ということを、正確に見極めるには何万人もの臨床を一人で行わないと判断が難しいと思います。

向ヶ丘遊園・登戸のねもと整体&ストレッチスタジオメインページです。

向ヶ丘遊園・登戸で口コミ整体院

腰痛肩こりの整体からパーソナルトレーニングまで

腰痛肩こりケア体操

10%お得な整体回数券 カードで決済できます。

Square社の5回整体チケットを決済ボタンからご購入できます。ご利用期間1年間。

決済リンクにエラーが出ていましたが、2024年2月26日復旧致しました。  ご購入後にメールが返信されます。

お知らせに関連する記事

向ヶ丘遊園中華のランチをひとりでお勧め中華ビストロ五廻 -GOKAI

向ヶ丘遊園中華のランチをひとりでお勧め中華ビストロ五廻 -GOKAIの画像

患者様が向ヶ丘遊園北口に中華ビストロ『五廻 -GOKAI-』をオープン

向ヶ丘遊園中華ビストロ『五廻 -GOKAI-』さんが向ヶ丘遊園駅徒歩1分にオープン。ねもと整体&ストレッチスタジオに長くご来院されている患者様がオーナーさんです。世田谷区成城の人気店中華料理店『墨花居』成城コルティで店長・料理人をされていた高橋さんが開業されました。ランチ・ディナーともにお勧めです。

エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園ANNEX店の翌月半額

エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園ANNEX店の翌月半額の画像

エニタイムフィットネス向ケ丘遊園ANNEXの翌月の料金50%紹介

エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園ANNEXは向ヶ丘遊園北口駅前の銀座フォレスト3階にあります。ねもと整体&ストレッチスタジオ院長根本大はエニタイムフィットネス向ヶ丘遊園・向ヶ丘遊園ANNEX・登戸・生田店のパーソナルトレーナーも兼務。向ヶ丘遊園ANNEXは紹介割引があります。

腰痛 やってはいけない筋トレ 腹筋よりスクワット

腰痛 やってはいけない筋トレ 腹筋よりスクワットの画像

腰痛 やってはいけない筋トレ 腹筋で痛めています

向ヶ丘遊園のねもと整体&ストレッチスタジオです。腰痛のやってはいけない筋トレについて書いています。動画でも話していますが、腰痛でやってしまいがちな腹筋や腰痛でも可能な筋トレについて書いてみました。