ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

ロコモティブシンドローム予防の運動は筋トレが最適です。

ロコモティブシンドローム予防中高年にも注目の筋トレでの転倒や骨折を運動で防ぐ

筋肉が老化で劣るえるもの。そう考えるのはヘルスリテラシーの問題も

筋肉が老化で劣るえるもの。そう考えるのはヘルスリテラシーの問題も

今やアスリートも筋トレで筋肉を増やして、競技寿命も延びています。中高年も同じです。郷ひろみさん・長渕剛さんのように60代後半でも、筋肉がある人は元気で若々しい。

高齢者こそ、筋トレをした方がいいと言われています。

高齢者こそ、筋トレをした方がいいと言われています。

寝たきり・介護予防・ロコモティブシンドロームの予防に筋トレが一番です。何歳になっても筋トレで筋力アップが可能ですが、早く始めた方がいいのは間違いありません。

女性や初心者の方は「ムキムキになりたいない」と言われますが・・・

女性や初心者の方は「ムキムキになりたいない」と言われますが・・・

筋トレをするとすぐにムキムキになると考えられていますが、そんなに筋肉は簡単にはつきません。

筋トレブームですね、医療の現場でも筋肉は健康に欠かせないと言われてきていますね。
ロコモティブシンドロームは筋肉が低下してしまうと、転倒や骨折を招くことになります。
中高年こそ、筋トレが大事と言われてきています。

ロコモティブシンドロームは、老化現象で筋力の低下で通称ロコモといわれていますね。
関節や脊椎の病気、骨粗しょう症などロコモティブシンドロームで加齢で、要介護や寝たきりを減少させる為に、ロコモティブシンドロームにならないための運動が注目されてきています。

ロコモティブシンドロームは、靴下がはけない、家での転倒、長い時間歩けない方が予備群。

そのロコモティブシンドロームは簡単な筋トレなどのトレーニングが最も効果的です。

歩くよりも、なぜ?筋トレ?

マッチョやアスリートが筋トレはやるもの?

という時代ではなくなってきています。

階段を上がれない方が筋肉が増えると楽になり、より階段を使うようになる
買い物も筋トレをしてから手提げが楽々できるようになどロコモティブシンドロームの改善の声も聞こえてきます。

それから、肺炎や糖尿病の予防になったり、関節の病気の悪化防止にもなります。
がんの手術後の早期回復にも筋肉が必要だと言うこともやれています。
コロナ禍で便利になって余計に歩かなくなったと言われています。

だからこそ、筋トレを人工的に行わないと、筋肉はどんどん衰えていくということが言われてきていると思います。
筋トレは裏切らないと言われているのは、筋トレをすることで何歳になっても筋肉が増えると言うことから、多くの方に筋トレがお勧めされていると思います。

健康寿命を伸ばすためにも、筋トレを導入して、理想の体を手に入れて欲しいと思います。
筋力の維持が転倒や骨折、肺炎や糖尿病の予防になると言う事は、医療費の削減にもなります。
私も整体で関節の動きを常に見ていますが、筋トレをやってる人は可動域が広いことも多いですね。

逆に有酸素系のウォーキングやランニングをしている方、学生時代、スポーツで走っていた方などは、筋肉特に下半身の筋肉が硬くなってしまっているケースが多いと思います。

筋トレはやり方次第では、筋肉をつけるだけではなく、骨密度を高くしたり、可動域を広げたり、健康に欠かせないものだと言うこともお伝えしていきたいと思います。

ロコモティブシンドロームは日常でも移動機能が低下し、筋肉が落ち、心肺機能も落ち、歩けなくなり、生活習慣病や癌にもなりやすくなってしまいます。

ロコモティブシンドロームに筋トレは最適です

歩いていますという中高年の方は多いのですが、歩いているだけでは筋肉が減っていきます。長時間の有酸素運動は筋肉の分解を促進することも。労働で体を使わない方は、筋トレがマストな時代です。

私は健康運動指導士でもあるので、パーソナルトレーニングの中でも健康を害さないで、筋肉をつけることをコンセプトに運動指導をしてきました。
例えば、若い人が腕立て伏せを100回スクワットを200回頑張ってやれば、ホームがめちゃくちゃでもそれなりに筋肉がつくでしょう。
しかし、私の体験から中高年の方がこれをしてしまうと関節が若い時のように若くないわけですから、膝が痛くなったり、腰が痛くなってしまう可能性は十分にあります。

どのようなやり方をしてしまうと、腰や膝の負担が強くなってしまうのか?
まずこのことを学ばないとせっかく筋トレを始めても体を痛めてしまっては本末転倒になってしまいます。
実は筋トレはそんなに難しいものでもないのですが、いくつかポイントを知っていれば、楽しく筋肉がパンプアップして活力を与えてくれるものになってきます。

逆に間違った方も繰り返してしまうと違和感が起こったり、筋肉も発達しないばかりか?二度ともうやりたくないと言う方もいらっしゃるのではないかと思います。
とにかくロコモティブシンドロームのような筋肉が減ることで、サルコペニアと言って病気になりやすくなってしまうと言うのは、本当にもったいないと思います。

今までは歩いていれば大丈夫!と言う思い込みをされていた方は非常に多いと思います。
なぜ歩くだけではダメなのかと言うと、関節の可動域や筋肉が増えると言う運動ではないからです。

逆に長い時間歩きすぎてしまうと、筋肉も分解されてしまい、筋肉が落ちてしまうことにもなりかねません
筋肉が落ちるということは下につながります。
筋肉をつけるためには1番重要なのは下半身の筋肉を鍛えるということです。

これは足腰が弱くなったと言う話をよく聞くことから、多くのことが潜在的に半身の筋肉を衰えさせたくないと言うことも思われているのではないでしょうか?
本当にその通りなんです。

極端に言うと、スクワットを正しいフォームで行うことで、ほとんどの下半身の筋肉が動員されて、筋肉をつけることができます。
特に低体力者や女性はもともと筋肉がない方ですから、スクワットがオススメです。

スクワットはみんなやってるよと思われますが、片足で行うスクワットであったり、軽いダンベルを持って行う手ドリフトのようなスクワットは関心の筋肉を増やすこともできます。

私も24時間ジムのエニタイムフィットネスでパーソナルトレーナーも行っていますが、男性が8割を占めています。
しかも若い年代の人が多く、総合型フィットネスクラブはプールもあったり、充実していますが、会費も割と高くすべての方が恩恵を受けることができません。

それよりも安価で自宅でトレーニングを始めてみることが始めやすいのではないかなと思います
ロコモティブシンドローム対策の筋トレをネットで教えてもらいたい。
また、神奈川県や東京にいないから、オンラインで習いたいと言う方は、ねもと整体&ストレッチスタジオのオンラインパーソナルトレーニングをお試しください。

ロコモティブシンドロームが進むと病気になります。筋トレをすると医療費が削減できます

筋トレは肥満・糖尿病・大腸がんなどのがんにも要望効果が高いというエビデンスがあります。

筋トレは病気を予防できますか?よく質問を受けます。

実は、筋トレの効果が現れるのは、筋肉だけではなく、筋トレで「マイオカイン」の分泌が高まります。

「マイオカイン」は、肥満・糖尿病・大腸がんなどの生活習慣病の予防になるデータがあります。

年末に、厚労省も1日60分以上の歩行と週2日から3日の筋トレが脂肪リスクを下げると言うことを発表しました。
週に3回筋トレしてる方はなかなか周りにいないと思います。
働き盛りの人で週に30分以上の運動を2回している人は20%程度と言われていますから、これぐらい筋トレをすると上位20%に入れるということです。
チョコザップなどの筋トレジムも増えていますが、5分程度の筋トレをジムに行って行うなら、自宅で待ち時間なく筋トレをしたほうが継続力と効率性を見ると充分だと思います。

ご予約頂くとZOOMリンクが表示されます。あとは、ご予約時間に開いていただくと根本とつながり、セッションが可能です。


こういったオンラインパーソナルトレーニングのハードルを低くするためにも、LINE自動やシステムが活躍してくれます。
ねもと整体&ストレッチスタジオの公式LINEアカウントにご登録いただくと、オンラインパーソナルトレーニング、オンラインパーソナルトレーニングの体験60分、無料パーソナルトレーニング10分カウンセリングは予約された時点で、ZOOMリンクが自動発行されます
ZOOMをされている方なら、すぐにリンクがあるので、予約時間にリンクを開くだけでZOOMがつながります。

スマホの場合はズームのアプリが事前にダウンロードしていただく必要があると思いますが、それ以外は電話やLINEで話すのと、何ら変わらなく、ビデオ通話が快適に行えると思います。

自宅で運動習慣が難しい方、忙しい方も、オンラインパーソナルトレーニングを受けて頂くことで、根本の目が届く範囲が広がり、運動習慣が身に付きます。

弊社のパーソナルトレーニングは体験パーソナルトレーニングのみ60分でリピーターの方も30分のパーソナルトレーニングが基本です。パーソナルトレーニングといっても、パーソナルジムのように2ヶ月間集中した高額のトレーニングプログラムは、私は理想としていません。

なぜなら2ヶ月間の集中したトレーニング自体は良いと思いますが、その後に継続できなければ、数ヶ月で元の木阿弥になってしまうのは自明だからです。

個別に合わせたトレーニング指導をしています。スクワットも負荷をかけて、効果的な効かせ方、安全なフォームをオンラインパーソナルトレーニングでも指導できます。

LINEからオンラインパーソナルトレーニング・オンライン相談ができます

友だち追加

ねもと整体&ストレッチスタジオのパーソナルトレーニングは時短でフォームのチェックを中心に行います。30分なので継続しやすく、高額のパーソナルトレーニングジムよりも、価格も抑えてご案内しております。

オンラインのサービスの際はクレジットカードの事前決済をお願い致します。
整体・パーソナルトレーニングの決済リンクもあります。こちらもご希望の方は事前決済が可能です。

向ヶ丘遊園・登戸のねもと整体&ストレッチスタジオメインページです。

お知らせに関連する記事

向ヶ丘遊園中華のランチをひとりでお勧め中華ビストロ五廻 -GOKAI

向ヶ丘遊園中華のランチをひとりでお勧め中華ビストロ五廻 -GOKAIの画像

患者様が向ヶ丘遊園北口に中華ビストロ『五廻 -GOKAI-』をオープン

向ヶ丘遊園中華ビストロ『五廻 -GOKAI-』さんが向ヶ丘遊園駅徒歩1分にオープン。ねもと整体&ストレッチスタジオに長くご来院されている患者様がオーナーさんです。世田谷区成城の人気店中華料理店『墨花居』成城コルティで店長・料理人をされていた高橋さんが開業されました。ランチ・ディナーともにお勧めです。

エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園ANNEX店の翌月半額

エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園ANNEX店の翌月半額の画像

エニタイムフィットネス向ケ丘遊園ANNEXの翌月の料金50%紹介

エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園ANNEXは向ヶ丘遊園北口駅前の銀座フォレスト3階にあります。ねもと整体&ストレッチスタジオ院長根本大はエニタイムフィットネス向ヶ丘遊園・向ヶ丘遊園ANNEX・登戸・生田店のパーソナルトレーナーも兼務。向ヶ丘遊園ANNEXは紹介割引があります。

腰痛 やってはいけない筋トレ 腹筋よりスクワット

腰痛 やってはいけない筋トレ 腹筋よりスクワットの画像

腰痛 やってはいけない筋トレ 腹筋で痛めています

向ヶ丘遊園のねもと整体&ストレッチスタジオです。腰痛のやってはいけない筋トレについて書いています。動画でも話していますが、腰痛でやってしまいがちな腹筋や腰痛でも可能な筋トレについて書いてみました。