スポーツトレーニング 課題になる体の使い方とは?動画

スポーツトレーニング 課題になる体の使い方とは?動画

スポーツトレーニング成功体験アニマルフローで動きがしなやかに

スポーツトレーニングで必要なしなやかな体の使い方が身につく!

スポーツで昔から「筋トレをすると筋肉が付き過ぎて動きが悪くなる!」という話があります。これは、経験則で言われてきたように考えられていますが、迷信に過ぎません。

実際にアスリートでも凄い筋肉量があっても、しなやかなパフォーマンスを発揮している方も多いですよね?

しかし、現実的に動きがどんどん悪くなる方も・・・

野球でいれば、清原さんが現役の時に筋トレをしてパフォーマンス低下と怪我に陥ったケースが有名です。

私の格闘技の仲間でも、筋トレのやり過ぎで、、、確かに動きがぎこちなくなっていった人を何人も、見てきました。

部分的に体を使う筋トレが、スポーツの練習を上回れば、当然起こる可能性があります。

特にマシントレーニングばかりしていると、連動性がなく、単関節の動きばかりになるので、しなやかに動けなくなることもあります。

身体が不器用にならないように、私のパーソナルトレーニングでは、常に柔軟性とバランス能力と上肢と下肢の連動したコーディネーション能力などが向上できるメニューを組んでおります。

スポーツトレーニングでも思ったように動ける動物的で全身をフルに駆使したトレーニングとは?

動物の動きの中で四脚歩行が基本です。手足の動きを連動させることで、ユニークな動きでも、しっかりトレーニングになります。

このトレーニングを以前からアニマルフローという名前で呼ばれています。

できれば、子供からこのような動きを多く行えば、大人になった時の体の使い方は格段と変わっていくと思います。

お知らせに関連する記事

寒暖差ぎっくり腰急性腰痛症予防とやってはいけないこと

寒暖差ぎっくり腰急性腰痛症予防とやってはいけないことの画像

寒暖差のぎっくり腰で整体院の対応について動画で紹介

寒暖差ぎっくり腰とは、急性腰痛症ですが、予防とやってはいけないことについて書いていこうと思います。腰痛でも慢性腰痛とは異なり、予防法とギックリ腰になった時の対応は全く真逆です。整体院18年目のねもと整体&ストレッチスタジオが動画でお伝えします。

スクワット 膝 つま先 向き

スクワット 膝 つま先 向きの画像

スクワットで膝を痛めるパターンを知ることで怪我のリスクを減らす

スクワットの膝の向きは重要です。それは、膝が内側に入ると内側側副靭帯を痛めたり、そのバランスのままスポーツを行うと前十字靭帯損傷のリスクが高い動作になるからです。

事前のクレジットカード決済がネットで可能になりました。

事前のクレジットカード決済がネットで可能になりました。の画像

事前のクレジットカード決済がネットで可能になりました。

事前決済の都度払い・回数券のクレジットカード決済も可能です。当日の対応がスムーズになります。一時、事前決済リンクがエラー状態になり、ご迷惑をおかけ致しました。2024年2月26...