長引く痛みの原因は、血管が9割 感想

腰痛、膝の痛み、肘の痛み、首の痛み、股関節の痛み。

これらは、“モヤモヤ血管”原因という血管からの痛みに最新のメカニズムが書かれた書籍。

放射線科医 である著者が造影剤を用いてカテーテル治療を行っていた際、痛みの部位の9割に無秩序の血管があるということが分かってきました。

この下のようにモヤモヤした血管がその『モヤモヤ血管』

『モヤモヤ血管』は、不必要な神経線維が増殖。

長引く痛みを多く抱えている年齢は?

40代・50代。

当院にも最も来られている方が多い年代。

痛くなるのは、40歳からが多い科研製薬株式会社のアンケート調査から明らかになっています。

膝痛を感じ始めた年齢は、40~50代が55%と増えていきます。

四十肩も、40代で肩にもモヤモヤ血管ができるようです。

やはり四十肩というように、この年齢が注意が必要です。

さらにモヤモヤ血管があるということで、血液が大量に流れ込むということで、血液の流れは増えていることが分かってきたそうです。

『長引く痛みの原因は、血管が9割』でも、闇雲に揉むのは翌日に痛みを増長させるケースも書かれています。

『長引く痛みは俗にいうお風呂に入って、痛いところを揉んだ方がいい』という俗説は当てはまりません。

私達の関節ニュートラル整体は、筋肉を揉むような刺激は与えません。

逆に圧迫するように痛みを抑えるようにモヤモヤ血管を押し潰していきます。

最新の研究から今までの常識が覆っています。

整体やマッサージなどの手技療法も、進化させないといけません。

 

このページのTOPへ戻る