背骨の歪み矯正の真実 自分ではできない理由

今回はよく聞かれる質問。「背骨の歪み」「骨盤の歪み」ついて、お話していこうと思います。皆さん そんなに簡単に骨がズレると思いますか?本当にズレたら、脊髄が損傷してしまいます。また「医療機関で骨が歪んでいます」とレントゲンを撮られても言われないと思います。整体院経営を17年と経験豊富な豊原先生をゲストに真実をお伝えしていきます

背骨の歪み矯正は、本当に歪みを戻しているの?

ねもと整体&ストレッチスタジオの根本です。

先日、KUMAMOTO腰痛肩こりケアセンターの豊原院長とYouTube、Facebookライブを行いました。

豊原院長とYouTube、Facebookライブを行いました。

「背骨が歪んでいる?」

「骨盤が歪んでいる?」

「背骨がズレている?」

色々な整体院・カイロプラクティック・整骨院で言われたりされていると思います。

しかし、関節ニュートラル整体では、全く違う理由で成り立っているんです。

YouTubeをご覧頂くと整体のイメージが一新されるはずです。

胸椎がポイント!ここが硬いと首や腰に影響する

 

背骨が硬いと、腰痛肩こりになりやすくなります。その場所は、上の画像の部分、胸椎です。

スポーツでもこの胸椎が自由に動けば、しなやかに動きやすくなります。

私達、関節ニュートラル整体でも調整するメインの部位と言ってもいいと思います。

 

背骨の中で弱いところは?

これは、皆さんに知っておいて欲しい情報です。

なぜなら、このことを知らないばかりに多くの方が間違ったケアやエクササイズを行ってしまっているからです。

 

 

背骨のコンディショニングは自分ではできない

今回対談した豊原先生も話していましたが「ストレッチポールは以前は使っていましたが現在は使っていません」

ストレッチポールは、背骨の下に置いて、背骨のコンディショニングになると思われています。

しかし、豊原先生が語っているように「柔らかい素材に背骨を当てても何も起こりません」

背骨を自分でコンディショニングするのは、時間の無駄?!

背骨や骨盤を矯正するというストレッチポール

ストレッチポールは軟部組織(皮、皮下組織、筋肉)を緩めに為につかうグッズ。

決して、

骨盤矯正や姿勢矯正ができるグッズではありません。

自分の関節の中の調整を行うことは限界があります。

それよりも下半身のストレッチやスクワット・踵上げのカーフレイスが大切だと皆さんにお伝えしています。

自宅で最低限行った方がいいエクササイズは?

自分で骨盤や背骨を調整することは難しいです。

私がセミナーで指導して内容でしたら、少しできますが、ネットのエクササイズくらいではできません。

それより前回のテレワーク対策3選で紹介したようなカーフレイズや腿裏のストレッチ・シュラッグが大事。

記事を見て、毎日励行してください。その方が皆さんに何倍も利益になる情報ですよ。

 

ねもと整体 院長根本大
神奈川県川崎市多摩区登戸・向ヶ丘遊園のねもと整体&ストレッチスタジオの院長根本です。エニタイムフィットネス向ヶ丘遊園・登戸でもパーソナルトレーナーとして活動しております。また、アスリート向けのトレーナーとして高校・大学を中心にトレーニング指導をしております。