「健康づくり」 運動指導者7つの質問

「健康づくり」 運動指導者7つの質問

1 運動指導者になるきっかけ

高校・大学時代に少林寺拳法部に所属し、ほかにも空手・柔道・総合格闘技と各種武道を経験しました。その当時、自分の慢性痛にもっとも効果があった関節ニュートラル整体という運動療法でした。同じような慢性痛で苦しんでいる方の力になりたいと思い、施術家・トレーナーをめざし、3年前に神奈川県チャレンジショップという支援事業に認定されて、川崎市登戸で整体院を開業しました。

2 得意とする運動プログラム

腰痛・肩こり・膝痛からスポーツ障害までの予防と根本改善を目的としたPNFストレッチやリハビリ、また競技力向上を主とした運動療法です。

3 最近読んだ本

整体の師匠である及川雅登先生の著書「縮めて縮めて関節痛を治す」(講談社)。患者さんに対しての腰痛・肩こり体操のテキストとして好評で、何度も読み返しています。

4 座右の銘

「最高の治療は予防」痛める前に予防をすることが一番大事だと、いつも痛感しています。

5 仕事でやりがい、生きがいを感じる時は?

クライアントが治療に受け身でいると、症状がなかなかよくならないことがあります。自分から主体的に症状の改善に取り組むよう促し、その結果、根本的に改善につながり「よくなった」と喜んで頂けるととてもうれしいです。

6 オフの過ごし方

ボクシングなどの格闘技の練習や、整体とトレーニングのセミナーに参加。また子供が2人いるので、家族と過ごします。

7 今後の夢・目標

今まで学校・商店街・スポーツ施設・NPO団体などで、ストレッチ教室のご依頼があれば開催してきました。今後は少しずつ活動の場を広げ、施術と運動療法が一体になった新しいケアを多くの方に普及していきたいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です