Archive for 脊椎菅狭窄症 腰痛予防

神奈川県川崎市 登戸・向ヶ丘遊園で整体・カイロプラクティック・マッサージ・リフレクソロジーなどの手技療法をお探しの方。パーソナルトレーニングジムをお探しの方は、ねもと整体&ストレッチスタジオホームページをご覧下さい

足の痺れや麻痺などの神経症状が強い脊椎菅狭窄症

高齢者に多く、加齢に伴い骨や靭帯の肥厚などが原因で起こり、95%以上は、手術をしないでも痛みは自然に回復します。

しかし排尿・排便もできないような神経障害が起こっている場合には、すぐさま手術が必要。

手術は、神経を圧迫している骨や靭帯を取り除くものになります。

芸能人ではみのもんたさんが、脊柱管狭窄症での手術を受けたのが有名ですね。

脊椎菅狭窄症でも、関節を被う膜の引っかかりが腰の負担を強めますので、全身にある206個の骨を一定の順序で検査し関節の遊びを回復することで、手術するような酷い足の痺れや麻痺などの神経障害の予防することが可能です。

一般的には整形外科での保存療法により治療し、腰や足の痛みが良くならなければ手術することもあるのですが、腰の負担を減らすのは腰だけの治療だけでは難しいです。

当院では、全身にある206個の骨と骨とにある関節の弾力を回復し、整体、リハビリ、筋トレを一体化したシステムで根本改善しています。

神奈川県川崎市登戸・向ヶ丘遊園で、整体やマッサージなどの手技療法をお探しの方はねもと整体にご来院下さい。

 

「いいね!」をクリックすると、フィード内で友達とページの更新情報を共有できます。コメントもお待ちしております。
ブログRankingへ投票をお願いします:
人気blogランキング