ストレッチをしていると筋肉がストレッチングされます。

その際に、筋紡錘とゴルジ腱というセンサーを上手に使うと、通常のストレッチより、短時間に早く効果を出すことができます。

筋肉の中には筋紡錘というセンサーは、筋肉が収縮したり、伸ばし過ぎると感知するセンサーです。

もう一つは、腱の中には、ゴルジ腱器官というセンサーがあります。

もう一つの筋紡錘と違うゴルジ腱器官というセンサー。

これは、腱を感知するセンサーです。

筋肉の 収縮を抑える反射として、ゴルジ腱器官の反射です。

PNF自体は1940年代アメリカに誕生したリハビリです。

神経生理学的リハビリ手技が重要です。

動画でもお話しているのでPNFストレッチのメカニズムを御覧ください。

毎日8分ストレッチ動画はご登録で配信します!

ねもと整体&ストレッチスタジオメルマガ

登録

解除
*メールアドレス


LINE@追加でストレッチ動画・肩こりの

セルフストレッチ動画・足のセルケア動画。
特典動画をプレゼント  ↓↓↓

友だち追加

「いいね!」をクリックすると、フィード内で友達とページの更新情報を共有できます。コメントもお待ちしております。
ブログRankingへ投票をお願いします:
人気blogランキング

| RSS feed for comments on this post