登戸整体 腰痛 仙腸関節 手技療法

■2017/12/29 登戸整体 腰痛 仙腸関節 手技療法



向ヶ丘遊園登戸のねもと整体&ストレッチスタジオの院長の根本です。




当院では腰痛に効果がある関節運動学に基づく手技療法として仙腸関節の調整法を導入しています。




仙腸関節の機能異常が椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症、腰椎すべり症、ぎっくり腰、変形性膝関節症などに影響すると言われています。




仙腸関節の調整は7割以上の腰痛の方に効果があるというデータがあります
慢性的な腰痛で感染症、内臓からくるもの腫瘍や骨折など意外にはかなりの効果があると言われています



整形外科などで見られるレントゲンや MRI で画像に異常がなくても、ひどい腰痛の方は多いと思います





仙腸関節に機能異常があると金のスパズムが起きやすいと言われています。


仙腸関節の調整というのは手技療法の施術者でも習得してる人がかなり少ないと言われています。






最近流行りの肩甲骨はがしや筋膜リリースは比較的容易に習得できますが、仙腸関節の調整だけは尻餅をついたり外傷から不具合が出ている方が多いので簡単に調整を覚えることはできません



仙腸関節の仕組みとして考えると仙骨、腸骨、恥骨、坐骨ののそれぞれの骨をつかむ技術が必要です。




椎間板ヘルニアや脊椎管狭窄症、腰椎分離すべり症、 仙腸関節の調整を受ける方が早く良くなると思います。



仙腸関節の調整はわずかに3ミリと言われています




一般的に言われている骨盤矯正が実際の医療とはかけ離れていることが分かると思います。



骨と骨との結合部の膜を関節包と言いますが、この関節包内運動を丁寧に関節包内の遊びを回復させることが高度な手技で可能になってきました。





私も開業当初はこの関節包内運動の調整が難しかったの覚えています。




尻餅をついて仙腸関節がルーズな方もいらっしゃるのでブレーキをかけながら常に動かすことを意識しています。




関節ニュートラル整体では仙腸関節の調整が常に細部にわたって進化しています



そのため、10年前に対応が難しかった酷い腰痛の方も最近では高い確率で腰痛の改善ができるようになってきました。




最後に調整する仙腸関節の機能異常を調整する方法で脊椎管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアで手術が必要だと言われているケースでも7回続けて通院いただくことで6回、7回目には劇的に良くなるケースも少なくありません。






それだけ仙腸関節の調整は効果があります。



しかしその効果を長持ちさせるためにも、骨盤仙腸関節の調整にだけ依存するのではなく、日々のストレッチが大切になってきます



腰痛で色々試したがよくならない・・・





そのような方は仙腸関節の調整を長年取り組んでいる整体院・整骨院などでの受診を勧めします。


==============
無料メルマガで『ねもと整体』最新情報を配信!

腰痛ストレッチ動画 LINE@登録で配信します
http://nemoto-seitai.com/mm.html




過去記事、YouTube動画はコチラ!
http://nemoto-seitai.com/blog/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ねもと整体&ストレッチスタジオ
http://nemoto-seitai.com/
ダイ整体師コンディショニングスクール
http://dscs-seitai.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県川崎市多摩区登戸1831番地1 キャロットメゾン202号
TEL:044-922-9881
----------------------------------------
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
このページのTOPへ戻る