フィジカル遺伝子分析サービス 瞬発力?持久力?

■2017/11/10 フィジカル遺伝子分析サービス 瞬発力?持久力?



登戸・向ヶ丘遊園のねもと整体&ストレッチスタジオの院長の根本です。

私たちの筋肉は早く動く速筋繊維と速度は遅いのですが長く動ける遅筋筋繊維に分類されます


これらは遺伝子のタイプがあり、速筋型ミオシンと遅筋型ミオシンがありま。


持久力の高いスポーツ選手は酸素を用いて効率的にエネルギーを産生するための酵素が遅筋線維で多いことが分かっています




先日もこういったことを研究されている大学の先生とお話しさせていただきましたが速筋と遅筋の部分でスポーツの適性ということで考えると半分ということをおっしゃられていました


つまり半分はつまり自分の努力の前に遺伝的な速筋と遅筋の割合が生まれながらにして決まっています。




私たちの筋繊維組成はまず生まれつきによって決まっていると考えられています。


生まれた頃はほとんどの方が遅筋線維で成長とともに速筋繊維が増えてくるということはわかっています




トップアスリートで短距離の選手や、、相撲・砲丸投げのように瞬発力タイプは、遺伝的に速筋繊維が多いタイプです。

速筋繊維とは?

筋繊維の種類に一つでミオグロビンがほとんどないため白いです。

速筋繊維が多いタイプは瞬発力が強く、パワー系の競技に向いていると言えます

以前 K- 1などで活躍していたボブサップは速筋繊維がアメフトの選手であったことから、、多かったと思われます。


そのためデビュー当初は格闘技経験がないにも関わらず K-1チャンピオンを追い込みました。

かなりトーナメントを盛り上げましたが、、


速筋繊維のタイプというのは動き回られるとスタミナ切れするというのが見破られてからは全く勝てなくなりました。


ミノワマンと言うヘビー級でないミドル級の選手にでもスーパーヘビー級のボブサップが勝てなくなったのは???

動き回られてスタミナが切れてから。

動き回られると、なすすべもなかったのは記憶に新しいです

現在私たような多種多様なトレーニングの情報が氾濫しその中から有益な情報を選ぶのはかなり難しい状況になっています。


そのような中で運動トレーニングの科学的な根拠を遺伝子を調べることで興味深いトレーニングの提案ができることからねもと整体&ストレッチスタジオでは早くから遺伝子を使ったトレーニング方法を導入しています。


まだ最近糖質制限ダイエットが流行っていますが、、、、

糖質制限メインの情報で体を壊したり、、女性の場合は生理不順などを書き込まれているインターネットの情報も多くあります。




そのような方も遺伝子を調べることで、自分が本当に糖質制限するべきなのか?




それよりも油を制限するべきなのか?

はたまたタンパク質の分解を抑えるためにプロテインなどを取ることでダイエットしやすい体質に変えるのか?


など様々なフィジカル遺伝子サービスの活用法がございます 。





LINE@友達追加でLINE予約もできます。
http://accountpage.line.me/nemotoss777




==============
無料メルマガで『ねもと整体』最新情報を配信!

メディアで知られていない真実を配信します。
(LINE用メルマガも別途ご用意しています)
http://nemoto-seitai.com/mm.html

過去記事、YouTube動画はコチラ!
http://nemoto-seitai.com/blog/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ねもと整体&ストレッチスタジオ
http://nemoto-seitai.com/
ダイ整体師コンディショニングスクール
http://dscs-seitai.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県川崎市多摩区登戸1831番地1 キャロットメゾン202号
TEL:044-922-9881
----------------------------------------
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
このページのTOPへ戻る