ジュニアアスリート 親のサポートに必要なこと

■2016/11/29 ジュニアアスリート 親のサポートに必要なこと



ジュニアアスリート
親のサポートに必要なこと



こんにちは。根本です。

先週土日は、娘がレスリング 全国中学生選抜大会にエントリー。


6年近く子供たちがレスリングで揉まれ、幼年期から幼児期、少年期、青年期でスポーツというのが、どう人格を形成に影響してくるのか?


記事を書きながら、ジュニア期のスポーツについて考察してみました。



よく弊社のお客様にも子供がレスリングをやっているのを話すと、、

『東京五輪楽しみですね』と言われますが、ウチの子はもちろんそんなレベルではありません、、



ただレスリングのマットに上がり、色々な挫折も経験し、親子共々勉強になっています。


人格形成に影響する大事な時期に、家庭の環境、親の教育方針について私も数日、考えていました。


さて、、、


今回は娘は大学生の男子中心の練習に毎日参加。

万全を期し、望むはずが、大会前日に39°の高熱が、、





大会前日に寝込むというアクシデントがありました。


今回は来年の最終学年に向けて、結果が問われる今年最後の大会です。






メダルを獲得できれば、来年シード枠を獲得できます。

メダルがない場合は来年のトーナメントも、どこでトップ選手と当たるか?分かりません。


コーチからも、家でもトーナメント表を見て、どう戦えばいいのか?話し合い、日に日に緊張感が高まっていきました。



なので、、、、


前日に熱が出た時は、何とかまずマットに上がるのに、インフルエンザでないことを願いました。



幸い風邪で、ドクターからは『土日は休めばよくなるよ』と言われましたが、、、

まず試合に出れるというので
ひとまず安心しました。



しかし中学生の大会となると
地方から泊りで、試合に参加する選手
が多いので各学年強い選手しかいません。



その点が選手層が厚い小学生と違います。


また学年別の試合ではなく
全学年同じトーナメント。


多くが中3の選手が上位に行きます。







そのような厳しいトーナメントでも、中二の娘が気持ちが折れずに、自分なりに闘志を持って試合に臨みました。

準々決勝では、一学年下のチャンピオンと対戦し、勝ったものの首の筋膜炎に、、、

やはり一学年下の選手には負けたくないと気持ちがあったと思います。


私も応援席で忙しく首などの調整をしましたが、少し痛めているようでした。






準決勝に進み、毎回チャンピオンになっている選手と初対決。

ここ一年不覚を取ることもなく、安定しているチャンピオン。

それでも娘は『勝つつもりでやりたい』と
前向きな姿勢を持っていました。





1ピリオド目は、2点先取されましたが、大きな点差は開きませんでした。


2ピリオド目、チャンピオンの素早いタックルで持ち上げられ、マットに叩きつけられました。

ここで点差が開きました。

その後に、2回自らタックルに入り、足まで取れていたのに持ち上げられず、フォール負け。






負けたものの、最後に入れたのは来年につながる経験値になると思います。

その後、3位決定戦でも同学年で小学生時代決勝で何度も対戦し、敗れていた選手に敗退。






目標にしていたメダル獲得はなりませんでした。

娘だけでなく、レスリングの選手は常に、大会前の減量から始まり、感染症の予防、練習や試合時に怪我などお互いに不測の事態の中で、厳しい試合をしています。


試合前の休息や栄養摂取から、トレーニングなど、細部に渡って、家族の協力が必要ですね。







常に大学生や小学生など同年代と切磋琢磨できる環境がない娘なので、今回は私も試合前に朝から一緒に走ったりしました。

また特に所属のコーチには大会前日の計量から2日間と、2名しかいない中学生の大会に帯同して頂きました。

結果を出せなかった悔しさと、お世話になっている方々へのご期待に添えるように私も娘もサポートしていきたいと思います。






そのような多くの方からの協力があって、部活でないレスリング活動をさせていただいております。


大会出場までのサポートを感謝すると共に、来年には自分が納得していける結果を出してもらいたいと思います。


スポーツは、学校の勉強では決して学べないリアルな失敗や経験や感動があります。

私自身脱サラから10年間、整体院を経営していますが、スポーツや武道で学んだ経験があり、今日があると思っています。




その為、勉強だけ。

スポーツだけ。





という考えではなく、どのようなレベルでもいいのですが、スポーツマンシップを学ぶというのは、結果如何を問わず、子供の成長の過程において 人格がかたちづくられるほどの価値があります。





今回も、ジュニア時代が知っている高校生が3日間大会も運営を手伝っているのを見たり、しっかり挨拶ができる姿を見ると、我が子もスポーツで鍛えてもらいと感じた次第です。



試合が終わって、3日後に学校の試験と娘も切り替えて、家でも机に向かっています。

試合前も公休で学校を休み、不利な部分もありますが、レスリングで経験する集中力で、勉強も両立して頑張ってもらいたいと思います。












==============
無料メルマガで『ねもと整体』最新情報を配信!

メディアで知られていない真実を配信します。
(LINE用メルマガも別途ご用意しています)
http://nemoto-seitai.com/mm.html

過去記事、YouTube動画はコチラ!
http://nemoto-seitai.com/blog/

最新YouTube動画を配信!チャンネル登録募集
http://p.tl/xsoX
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ねもと整体&ストレッチスタジオ
http://nemoto-seitai.com/
ダイ整体師コンディショニングスクール
http://dscs-seitai.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県川崎市多摩区登戸1831番地1 キャロットメゾン202号
TEL:044-922-9881
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/-m5B
Twitter:http://p.tl/sxfQ
mixi:http://p.tl/sgTj
アメブロ:http://p.tl/Hbdy
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
このページのTOPへ戻る